おすすめ記事「中古マンション購入完全ガイド」連載中です!

芸術家 グスタフ・クリムトを知ろう!接吻など

芸術家 グスタフ・クリムトは、オーストリアのウィーン出身の画家です。日本でも人気で、代表作である「接吻」はよく知られています。

本記事の内容

本記事では、芸術家 グスタフ・クリムトの略歴、代表作、書籍を紹介したいと思います。芸術家 グスタフ・クリムトは、オーストリアのウィーン出身の画家です。ウィーン分離派のリーダーとしても活躍して、世紀末芸術の代表的な芸術家の一人です。ウィーン分離派には多くの建築家も関わっていたので、共同作品も多いです。ベルギーのストックレー邸は、公開されていませんがいつか見てみたいと思っています。

気になる建築家・デザイナーはいつ生まれたのだろう?誕生年からみる歴史

目次

  1. 芸術家 グスタフ・クリムトの略歴
  2. 芸術家 グスタフ・クリムトの代表作 紹介
    • 1901 ユディトI
    • 1907 アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像 I
    • 1907 接吻
  3. 芸術家 グスタフ・クリムトの書籍 紹介
  4. まとめ

1.芸術家 グスタフ・クリムトの略歴

グスタフ・クリムトは、1862年にウィーンで生まれました。

グスタフ・クリムトは、世紀末時代に活躍したオーストリアの画家であり、ウィーン分離派運動の最も著名なメンバーの1人です。ウィーン分離派の芸術家の中で、クリムトは日本の芸術とその方法に最も影響を受けました。

クリムトは、絵画、壁画、スケッチ、その他のオブジェなどを残しています。クリムトの主要な主題には、女性の身体があり、またとても率直なエロティシズムによって特徴づけられています。

また、さまざまな寓話をモチーフに、多くの肖像画を手掛けました。こうした作品と対象的に、クリムトは多くの風景絵を描いています。クリムトの作品は、彼の若い仲間であるエゴン・シーレに重要な影響を与えました。

グスタフ・クリムトは、オーストリア・ハンガリー時代のウィーン近郊で生まれました。7人兄弟の2番目でした。父は金の彫刻家であり、クリムトが後に金箔を使った絵画を作ることに関係しているようにも感じます。

また、クリムト家では、3人の息子全員が早い段階で芸術的才能を発揮したそうです。クリムトの弟は、エルンスト・クリムトとゲオルク・クリムトがいます。

クリムトは、1876年から1883年まで、ウィーン応用美術大学(ウィーン・クンスト・ゲヴェルベ・シューレ)に通います。

クリムトは、当時のウィーンの最も重要な歴史画家であったハンス・マカートを尊敬しており、絵画の古典的な訓練を受けています。

クリムトの初期の仕事は、後に有名になるクリムトの芸術作品とは異なり学術的な分類の方が適しているものです。

1877年にクリムトの弟であるエルンストは彫刻家になり、学校に入学しました。その後、クリムト兄弟は友人であったフランツ・マッチと1880年に会社を立ち上げて多くの絵画の委託仕事を引き受けます。

クリムトは、ウィーンを取り巻くリング・シュトラーセの大きな公共の建物の、天井と内部壁画を描く画家としてのキャリアを始めました。

クリムトの才能は十分に発揮され、1888年にクリムトはウィーンのブルク劇場に描かれた壁画に貢献したことで、オーストリアのフランツ・ヨーゼフ1世皇帝からメリット勲章を授与されました。その後、ミュンヘン大学とウィーン大学の名誉会員にもなりました。

1892年に、クリムトの父と兄弟のエルンストが亡くなります。これ以後、クリムトは、家族の経済的責任を負うことになります。

この家族が相次いでなくなったことで、クリムトの芸術的方向性に変化が訪れます。

19世紀末に花開くクリムトの特徴は、古代ギリシャとエジプト(1891)、パラス・アテネ(1898)、ヌダ・ベリタス(1899)に見られます。

1890年代初頭に、クリムトはオーストリアのファッションデザイナー、エミーリエ・ルイーズ・フレーゲと出会いました。

クリムトは、1897年にウィーン分離派の創設メンバーであり、リーダーとなります。また、グループの定期刊行物であるVer Sacrumを取り仕切りました。

クリムトは、1908年にウィーン分離派を脱退するまで精力的に活動します。このウィーン分離派の目標は、古典主義的な従来の芸術を嫌い、型破りな若い芸術家のための展覧会を提供し、海外の芸術家の作品をウィーンに持ち込み、またメンバーの作品を紹介するための独自の雑誌を発行することでした。

ウィーン分離派は、独自のマニフェストを宣言せず、そのためある特定のスタイルを奨励しようとはしませんでした。

それによって自然主義者、現実主義者、象徴主義者など、思想の違う芸術家が共存出来ました。オーストリア政府はこうした彼らの芸術的な努力を支持しており、独自の分離派の展示場を建てることを容認します。公有地のリースをウィーン分離派に行いました。

1894年、クリムトはウィーン大学の大広間の天井を飾るために3枚の絵画を作成するよう依頼されました。

クリムトの3つの絵画、哲学、医学、法学は、その過激な内容で多くの批判を受けて、あまつさえ「ポルノ」扱いされました。

クリムトは伝統的な寓話と象徴性を、より明白に性的な表現に変えていたため、それは一部の人々にとってより新しい批判対象となりました。こうした抗議は、政治的、美的、宗教的なあらゆる分野から来たため、結局大ホールの天井には飾られず、階下のギャラリーに展示されることになりました。

1945年5月にドイツ軍が撤退する際に、イメンドルフ城に放火し、3枚の絵画はすべて消失してしまいました。(残念ですね)

1902年、クリムトは、偉大な作曲家であるベートーベンの祝祭を目的として、第14回ウィーン分離派展でベートーヴェンフリーズを発表しました。

展示会のみを目的としていたため、フリーズは壁に直接描かれました。展覧会の後、絵画は保存され1986年から一般公開されています。

1890年代後半から、クリムトは毎年夏をアッターゼーの海岸でフレーゲ家と過ごしています。ここでクリムトは多くの風景画を描きました。これらの風景画は、クリムトの独自のジャンルを構成しています。

クリムトは、多くの批判的な反応と経済的な成功の両方によって特徴づけられます。成功の時期のクリムト絵画の多くには、金箔が含まれていました。(上述したように、クリムトは最初の金箔を使ったのはパラスアテネ(1898)とユディトI(1901)です。)この時期に最も人気のある作品は、アデーレ・ブロッホバウアー1世の肖像(1907)と接吻(1907–08)です。

クリムトはほとんどウィーンから出ていませんが、数少ない旅行はクリムトに覆うの刺激をもたらしました。

特に美しいモザイクで有名なヴェネツィアとラヴェンナへの旅行は、クリムトに金の新しい技法に影響を与えました。また1904年、クリムトは裕福なベルギーの実業家の家(ストックレー邸)で、ウィーン分離派の建築家であったヨーゼフ・ホフマンらと協力しました。

ストックレー邸

建築家 ヨーゼフ・ホフマンを知ろう! 世紀末ウィーンの建築家

ストックレー邸におけるクリムトのダイニングルームの装飾は、クリムトの最高の装飾作品のひとつであり、クリムト自身も「おそらく私の装飾の開発の最終段階」と述べています。

1905年、クリムトは幼少期、若年期、老齢期にある3人の女性を通じて人生の三段階を描いた「人生の段階」を描きました。また、ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインの妹であるマルガレーテ・ウィトゲンシュタインの肖像画を描いています。

クリムトは自宅で働いている間、サンダルと下着のない長いローブを着ていていて、創作活動、家族、分離独立運動以外にはほとんど興味がなかったといいます。当時のカフェ文化を避けて、他のアーティストとはめったに付き合っていませんでした。

1911年にクリムトの絵画「死と生」はローマ国際美術祭で金賞を受賞します。しかし、その後5年にわたり大幅に修正を加えています。

1915年、母親のアンナが亡くなりました。クリムトは3年後の1918年にスペイン風(世界​​的なインフルエンザの流行)にかかり、脳卒中と肺炎で亡くなりました。

2.芸術家 グスタフ・クリムト代表作 紹介

1901 ユディトI

聖書のエピソートである「ユディトとホロフェルネスの頭」の絵画で、別名ユディトIと言われているものです。1901年に、グスタフ・クリムトによって描かれました。

ジュディスは、彼女の故郷であるベツリアをアッシリア軍による破壊から救うためにホロフェルネス将軍を誘惑し、斬首した聖書のヒロインです。

クリムトが聖書のテーマに取り組んだとき、歴史にはすでにその主要な解釈表現が決まっていました。それは、ジュディスの勇気と高潔な性質です。

ジュディスは神の救いとして現れますが、彼女の行動の暴力は否定できません。そのため、カラヴァッジョ、ジェンティレスキ、ビゴットによる描写では劇的な表現が示されています。

しかしクリムトは、物語の流れを意図的に無視して、絵をジュディスだけに集中させています。そのため、ホロフェルネスの頭という主題は、キャンパスの右端で切り落としています。血まみれの剣の痕跡はありません。クリムト流の省略が施されています。

ユディトIは、その構成と象徴性の要素をジュディスに集中し、ジュディスの力の表現をクローズアップと姿勢の堅固さから示しています。

1907 アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像 I

アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像画は、1903年から1907年の間に完成しました。この肖像画は、クリムトの黄金期の代表的な作品です。

アデーレは1925年に亡くなり、クリムトの作品はフェルディナンドに残されました。ナチスドイツによるオーストリアの進出の伴い、フェルディナンドはウィーンから逃げ出してスイスに向かったため、彼の大規模なアートコレクションが残されました、

この絵は、1941年にナチスによってフェルディナンドの残りの資産とともに盗まれ、ギャラリーベルヴェデーレに飾られてました。そして、フェルディナンドは1946年に亡くなりました。

フェルディナンドの姪の1人であったマリアアルトマンは、クリムトによる5つの作品の返却を求めてギャラリーに対して裁判を起こします。裁定委員会は、絵画が盗まれたことを認めアルトマンに返還することに同意しました。

アルトマンは同年に作品を1億3500万ドルで売却し、それが絵画の記録的な価格となります。

1907 接吻

接吻は、金箔、銀、プラチナが多用され油彩画としてとても有名です。グスタフ・クリムトの最盛期の1907年と1908年に描かれました。

1908年にLiebespaar(恋人)というタイトルで展示され、カップルが抱き合っている様子をアール・ヌーボーと19世期初期のアート&クラフト運動の影響を受けたスタイルで描かれた傑作です。

現在、オーストリアのベルヴェデーレ美術館に展示されています。

ウィーン分離派時代の傑作であり、クリムトの最も人気のある作品のひとつです。

3.芸術家 グスタフ・クリムトの書籍 紹介

Gustav Klimt: The Complete Paintings

これは、私の好きなTaschen(タッシェン)の書籍です。ボリュームも内容もいつもながら素晴らしいものです。

Taschenは製造部数がかなり多いのだと思います。このクオリティに対しての値段が、他の美術書に比べるとかなりリーズナブルです。

A century after his death, Viennese artist Gustav Klimt (1862–1918) still startles with his unabashed eroticism, dazzling surfaces, and artistic experimentation. In this neat, dependable monograph, we gather all of Klimt’s major works alongside authoritative art historical commentary and privileged archival material from Klimt’s own archive to trace the evolution of his astonishing oeuvre.

With top-quality illustration, including new photography of the celebrated Stoclet Frieze, the book follows Klimt through his prominent role in the Secessionist movement of 1897, his candid rendering of the female body, and his lustrous “golden phase” when gold leaf brought a shimmering tone and texture to such beloved works as The Kiss and Portrait of Adele Bloch-Bauer I, also known as The Woman in Gold.

About the series

Bibliotheca Universalis — Compact cultural companions celebrating the eclectic TASCHEN universe!

Amazonより

4.まとめ

芸術家 グスタフ・クリムトは、世紀末芸術を代表する画家のひとりです。「接吻」は日本でも人気の絵画で、見たことにある人も多いのではないでしょうか。本物見ると、さらに好きになる人も多いそうです。私も本物を見て、絵の具の使い方が絵画のレベルを超えていて、彫刻的な盛り上がりのある絵画を初めて感じました。絵画も建築と一緒で、体験してみることの大事さを痛感したことを思い出します。

注意説明 公共建築以外の場所の特定は行っていません。個人の所有物である住宅は、場所の特定をしないように配慮しております。ご了承くださいませ。

気になる建築家・デザイナーはいつ生まれたのだろう?誕生年からみる歴史

こんな記事も読まれています

シェアしてくれるとうれしいです!

ABOUT US

すむことコム管理人 シミズ
本ブログは、主コンテンツとして住居×投資×生活、副コンテンツとしてペット・パソコン&アプリ関係など、専門分野と娯楽の情報を発信しています。生活を楽しむために、お役に立てれば幸いです。