おすすめ記事「中古マンション購入完全ガイド」連載中です!

私の住宅ローンの決め方を公開 ー中古マンション購入完全ガイド コラム(1)

本記事の内容

本記事では、中古マンションを購入したい人向けに、資金計画から購入までのすべての流れについて把握することで、より良い物件を適正価格で、納得して購入する方法について解説したいとおもいます。

ーーー題して、『中古マンション購入完全ガイド』です。ーーー


中古マンション購入完全ガイド コラム(1)では、『私の住宅ローンの決め方』を公開したいと思います。やっぱり、どこを選んだかについて実際の話しはあまりないので、参考になれば良いなと思います。

中古マンション購入完全ガイド

目次

  1. 自営業に住宅ローンは厳しい
  2. 最も金利の良い銀行ローンの審査に応募
  3. 自営業に優しいフラット35の審査へ
  4. 銀行の住宅ローンへ再チャレンジ
  5. 住宅ローンは・・・・6戦2勝4敗
  6. まとめ

自営業に住宅ローンは厳しい

今回は、参考までに私の住宅ローンの決め方について書いてみたいと思います。

もしあなたが、公務員や上場企業の正社員サラリーマン、いや上場企業じゃなくても通常のサラリーマンで、少なくとも1年お勤めであれば、住宅ローンの選択肢は大きく広がります。

そうすると、基本的には金利が最小のものを選択することができます。

住宅ローンは長期のローンになりますので、銀行の審査が結構厳しいです。35年先とは言いませんが、やはり安定している職業についていると、銀行の審査がかなり通りやすくなります。

まず次のカテゴリに当てはまる場合、

  • 公務員
  • 1年以上のお勤めの正社員

その場合に選択するべきは、まずは以下の銀行ローンでしょう。

住信SBIネット銀行 変動金利(0.440%(2021年1月))

私の場合は、自営業であったため、結構厳しい状況でした。自営業であっても、十分に売上が上がっている場合は問題ありません。

しかし、設計の仕事はなかなか売上が毎月安定しているわけではないので、通常の銀行ローンにはまず通りません。

自営業は自由に働けるのはいい点ですが、こういうときこそは本当に、通常のサラリーマンが羨ましくなるときでした。

最も金利の良い銀行ローンの審査に応募

とはいえ、もしかしたら。。。と思って応募してみました。

  • 住信SBIネット銀行 変動金利 審査通らず
  • りそな銀行 変動金利 審査通らず
  • 三菱UFJ銀行 変動金利 審査通らず

でした。

そうかー、やっぱり!という結果でした。

良いサラリーをもらっているサラリーマンは、金利の最も安い銀行ローンを組めるのだなぁと、資本主義を感じた瞬間でした!

自営業に優しいフラット35の審査へ

ここで、審査対象を銀行から、フラット35に広げます。

ARUHIフラット35に申し込みを行います。

ARUHIのフラット35は、利用者数が最も大きく安心感があったのと、やはり自営業には優しい審査だからです。

じつは、このことを予め見積もっていて、フラット35の審査に必要な書類を取り寄せていました。

  • ARUHIフラット35 通過!!

よし!これで、一応マンションの住宅ローンが組める見込みが立ちました。

売買契約に進む前に、この銀行の事前審査が通っていないといけないので、ドキドキでした。

銀行の住宅ローンへ再チャレンジ

しかし、この後、私は固定金利のフラット35の審査が通ったので安心したこともあり、変動金利の銀行ローンをさらに探すことにしました。

固定金利が良いか、変動金利が良いかはとても難しい問題です。

しかし、住宅を買った当初は最もローン残高が多いときです。そしてその時こそ超低金利の恩恵を存分に受けられる銀行の変動金利は有利だからです。

私は、ここ10年程度はそれほど金利の上昇がないのではないかと判断しています。

しかし、もちろん金利は誰にも予測でないので自分で責任を取るしかないのですが、その辺の勘は、ここ10年ほど続けてきた長期投資の感覚でした。

そして次に目をつけたのが、auじぶん銀行です。

ここは、上記に落ちた銀行に比べると少し審査が緩やかであるという情報が不動産業者から得ていたからです。

  • auじぶん銀行 変動金利 審査通らず!

うーん、厳しい!

auじぶん銀行が通らなかった時点で、以下の2つの銀行の審査を出すのを諦めました。

悔しい!!

  • ジャパンネット銀行 変動金利
  • ソニー銀行 固定金利

そして、最後に出したのが新生銀行です。

新生銀行は、上記の銀行に比べると少し金利が高めです。しかし、事務手数料が圧倒的に安いので、トータルで比べるとそれほど遜色が無いのは分かっていました。

しかし、やはりちょっと高めの金利(固定金利に比べると相当安いですが)がネックだったので、最後まで残していました。つまり、金利上昇時のリスクが少し高いかなと。

しかし、うまいタイミングで借り換えもありかと思いここも出してみました。

新生銀行 変動金利 審査通りました!

やった!!

住宅ローンは・・・・6戦2勝4敗

まとめると、以下のとおりです。

  • 住信SBIネット銀行 変動金利 審査通らず!
  • りそな銀行 変動金利 審査通らず!
  • 三菱UFJ銀行 変動金利 審査通らず!
  • auじぶん銀行 変動金利 審査通らず!
  • ジャパンネット銀行 変動金利 審査に出さず
  • ソニー銀行 固定金利 審査に出さず
  • 新生銀行 変動金利 審査通過!
  • ARUHI フラット35 審査通過!

8銀行の候補があったなかで、6個審査に出して、4銀行審査通らず、2銀行通過。

6戦2勝4敗でした!

最終的には、私は新生銀行に決めました。

どうですか?意外と審査に出す金融機関って多いと思いませんか?

銀行によって審査も違いますし、担当者によってはかなり親身になってくれるので、複数審査に出してみると良いと思います。

そして、通った中から最適な住宅ローンを決めるのが良いと思います。

なんていっても、審査が通らないと始まらないのですから!

まとめ

中古マンション購入完全ガイド コラム(1)では、『私の住宅ローンの決め方』を公開しました。如何ですか?

銀行の審査は、結構審査する銀行によって異なります。是非とも最適な住宅ローンが見つかると良いなと思っています。

本記事では私の実体験も含めて書きますので、すべての記事を読み通すことで、中古マンションの購入プロセスが頭の中でしっかりとシュミレーションできるようになると思います。

ぜひ通してお読みください。

こんな記事も読まれています

シェアしてくれるとうれしいです!

ABOUT US

すむことコム管理人 シミズ
本ブログは、主コンテンツとして住居×投資×生活、副コンテンツとしてペット・パソコン&アプリ関係など、専門分野と娯楽の情報を発信しています。生活を楽しむために、お役に立てれば幸いです。