「中古マンション購入完全ガイド」連載中!

デザイナー ボーエ・モーエンセンを知ろう! スパニッシュチェアなど

デザイナー ボーエ・モーエンセンは、デンマーク出身のデザイナーです。スパニッシュ・チェアのデザイナーとしても知られています。

本記事の内容

本記事では、デザイナー ボーエ・モーエンセンの略歴、代表作、書籍を紹介したいと思います。デザイナー ボーエ・モーエンセンは、デンマーク出身の家具デザイナーです。モダン・デンマーク家具を国際的に有名にした代表的デザイナーです。もともと建築家としてのトレーニングも受けているため、1954年に発表したBoligens Byggeskabe(カップボード構造)と呼ばれるプロジェクトは、部屋の一部としてユニットを配置するやり方であり、まさに建築家としての領域に踏み込んでいます。

目次

  1. デザイナー ボーエ・モーエンセンの略歴
  2. デザイナー ボーエ・モーエンセンの代表作 紹介
    • 1959 スパニッシュ・チェア(Spanish Chair)
    • 1944 シェーカーチェア(J39)
    • 1945 スポークバックソファ(The Spokeback Sofa Model 1789)
  3. デザイナー ボーエ・モーエンセンの書籍 紹介
  4. まとめ

1.デザイナー ボーエ・モーエンセンの略歴

デザイナー ボーエ・モーエンセンは、1914年にデンマークのオールボーで生まれました。

ボーエ・モーエンセンは「デンマークモダン」のコンセプトを世界中に知らしめた世代の家具デザイナーの中で、最も重要な人物の一人です。

アルネ・ヤコブセン、ハンス・ウェグナーなどと共に、ボーエ・モーエンセンはデンマークの家具デザインに国際的な潮流を作り、モーエンセンのシンプルで機能的なデザインは半世紀以上にわたって世界中で使われています。

ボーエ・モーエンセンは1934年にキャビネット・メーカーの見習いとしてキャリアをスタートし、1936年から38年にかけてコペンハーゲンのデンマーク美術工芸学校で家具のデザインを学びます。

その後、1938年から42年までデンマーク王立芸術アカデミーの美術学校で建築家として訓練を受けました。

同時に、在学中の1938年から43年まで、ボーエ・モーエンセンはコペンハーゲンのさまざまなデザインスタジオで働いていました。

卒業後の1942年から50年にかけて、デンマーク協同組合(FDB)の家具デザインスタジオでマネージャーを務め、1945年にデンマークのビッセンスカラシップを受賞します。

そして1945年から47年にかけて、ボーエ・モーエンセンはデンマーク王立芸術アカデミー建築学部でコーア・クリント教授の助手を務めます。

1950年にボーエ・モーエンセンはエガスベア賞を受賞し、そのデザインがデンマーク国内で広く認められます。

1959年、ボーエ・モーエンセンはFDBの家具デザインスタジオを離れ、自身のデザインスタジオを設立しました。

その後ボーエ・モーエンセンの作品は、チューリッヒ、ロンドン、ニューヨーク、ストックホルム、パリ、コペンハーゲンの個展で紹介され、国際的な評価を高めます。

ボーエ・モーエンセンは、特定の用途に合わせてカスタマイズされたデンマーク家具を開発するために、現代のライフスタイルの研究に興味を持つようになります。

サイズと比率がデザインにどのように影響するかについて、クリント教授と革新的な研究を続け、1954年にBoligens Byggeskabe(カップボード構造)と呼ばれるプロジェクトを作成し、棚と収納を兼ねる家具アイデアを導入しました。

このプロジェクトはまさに画期的で、ユニットを購入してスペースに配置するのではなく、部屋の一部としてユニットを配置するやり方です。

引き続きボーエ・モーエンセンは、カトラリーやシャツなどの一般的なオブジェクトの標準的な測定値と、平均的な人が所有する各アイテムの数の調査を行いました。

この情報を使用して、彼は引き出しと棚のベースの幅と深さに関する一連の図を作成します。この情報テーブルは、ストレージシステムの構築に関するマニュアルとして公開されました。

1955年から1967年の間には、「エーレスンド」棚シリーズに取り組み、「現代の家で発生する可能性のあるすべての収納を解決する」という目的に取り組みました。

ボーエ・モーエンセンは多作の家具デザイナーであり、ほぼ毎年コペンハーゲンの家具職人のギルド展に出展しています。

ボーエ・モーエンセンの家具は、伝統的な職人としての彼の訓練を強く表しており、モダニズムが家具や装飾芸術にもたらした変化に対して、まだ興味を持っていない一般の人々からも非常に高く評価されました。

一方でボーエ・モーエンセンは彼のキャリアの初めから、伝統的な形の家具に新しいアイデアを取り入れました。

1945年に、側面を下ろすことができる革のネクタイを備えたソファ(The Spokeback Sofa Model 1789)を設計しました。その後、モーエンセンはより単純な機能主義を再び使用するようになります。

1959年に再設計されたスパニッシュ・チェアは、その優雅さと素材で賞賛されました。

彼は1959年に海辺のコテージ用のシンプルで頑丈で控えめな家具のセット、1960年に非常に伝統的なオーク材のテーブルと椅子を設計します。

1954年にクリントが亡くなった後、デンマーク装飾美術館の主任デザイナーを引き継ぎ、公共的な職からもデンマーク・デザインに貢献していきます。

ボーエ・モーエンセンは1972年に亡くなりました。

2.デザイナー ボーエ・モーエンセン代表作 紹介

1959 スパニッシュ・チェア(Spanish Chair)

スパニッシュ・チェアは、モーエンセンの代表作のひとつです。この無垢のオークとサドルレザーは、彼の仕事を拡大していきました。

スパニッシュ・チェアは1958年にデンマークにおける「革新的なリビングスペース展示会」の一環として発表されたものです。

この展示会では、すべてのテーブルが取り除かれて、オープンなリビングスペースという新しい概念が提示されました。

wikipedia

1944 シェーカーチェア(J39)

J39 シェーカーチェアは、ボーエ・モーエンセンの代表作のひとつです。デンマーク生活協同組合(FDB)の依頼により、「庶民のための椅子」をデザインしました。

戦中という物資の少ない時代にデザインされ、またシェーカーという名前が示しているように、シェーカー家具からのインスピレーションを元に、シンプルかつ使いやすいデザインとして大ヒットしたものです。

wikipedia

1945 スポークバックソファ(The Spokeback Sofa Model 1789)

このボーエ・モーエンセンのスポークバックソファ(The Spokeback Sofa Model 1789)は、1945年のデンマーク家具展示会で発表されたものです。

革によって可動式の側面を持つソファで、とてもめずらしいデザインです。デイベッドと寝椅子の組み合わせたようなデザインです。

軽量で機能的なところは高く評価されています。

ゲストが来たときに、ソファベットとしても利用できるのは良いですね。現在も現役で販売されています。

wikipedia

3.デザイナー ボーエ・モーエンセンの書籍 紹介

Børge Mogensen: Simplicity and Function 

ボーエ・モーエンセンの日本語の書籍はないので、英語版です。でも、これが決定版と言っても良いと思います。

ボーエ・モーエンセンの全体像を知るのに最適です。写真も綺麗で、かつカタログ的に網羅されているのでお勧めです。

Especially famed for his Spanish Chair, Mogensen was one of the most important and influential repsentatives of Danish furniture design

Børge Mogensen was one of the most important and influential repsentatives of Danish furniture design. In a career spanning more than 30 years, he created a wealth of quality furniture, many pieces of which, such as his Spanish Chair, are still sold as design classics to this day. Influenced by traditional craftsmanship, Mogensen was also often inspired by Shaker furniture and design philosophies. A restless thinker, he noted down all of his ideas immediately–whether on matchboxes, napkins or used envelopes.

This magnificent monograph examines Mogensen’s fascinating approach to design and psents his most well known and most popular pieces of furniture. Workshop drawings, sketches and photographs of his furniture as well as archival pictures from his everyday life offer fascinating insight into the world of the Danish designer, whose furniture is not only attractive, but also always, above all, functional.

Amazonより

4.まとめ

デザイナー ボーエ・モーエンセンは、デンマークのモダン家具を代表するデザイナーのひとりです。ハンス・ウェグナーやアルネ・ヤコブセンと同時期に活動しており、まさに第一線で活躍したデザイナーです。スパニッシュ・チェアは、リビングからテーブルを排除した革新的な椅子です。オープンスペースを考えると、日本の家にもうまくマッチししそうなので、自分の家に置けそうか検討中です。

注意説明 公共建築以外の場所の特定は行っていません。個人の所有物である住宅は、場所の特定をしないように配慮しております。ご了承くださいませ。

こんな記事も読まれています

シェアしてくれるとうれしいです!

ABOUT US

すむことコム管理人 シミズ
本ブログは、主コンテンツとして住居×投資×生活、副コンテンツとしてペット・パソコン&アプリ関係など、専門分野と娯楽の情報を発信しています。生活を楽しむために、お役に立てれば幸いです。