おすすめ記事「中古マンション購入完全ガイド」連載中です!

建築家 マイケル・グレイヴスを知ろう! ポートランド・ビルなど

建築家マイケル・グレイヴスは、米国のインディアナ州出身の建築家です。ポストモダン建築の牽引者として有名です。

本記事の内容

本記事では、建築家マイケル・グレイヴスの略歴、代表作、書籍を紹介したいと思います。建築家マイケル・グレイヴスは、ポストモダン建築の第一人者として有名ですが、家具や食器などのデザインも手掛けています。実は、知らず知らずのうちに使っているかもしれません。人間主義的なアプローチも有名で、建築にもそれが現れているように思います。

目次

  1. 建築家 マイケル・グレイヴスの略歴
  2. 建築家 マイケル・グレイヴスの代表作 紹介
    • 1982 ポートランド・ビル
    • 1985 Teakettle アレッシー製
    • 1990 ディズニー・スワン&ドルフィン・ホテル
  3. 建築家 マイケル・グレイヴスの書籍 紹介
  4. まとめ

1.建築家 マイケル・グレイヴスの略歴

建築家マイケル・グレイヴスは1934年にインディアナ州で生まれました。1958年にシンシナティ大学で建築の学士号を取得し、1959年にハーバード大学デザインスクールで修士号を取得しました。

1960年にグレイヴスはローマ賞をアメリカアカデミーで受賞し、2年間をイタリアで過ごします。1962年にグレイヴスは米国に戻り、プリンストン大学建築学部で教授となりました。

1964年に彼はプリンストンにマイケル・グレイブス&アソシエイトという建築事務所を設立しました。1960年代後半から1970年代前半まで、多くの近代的な住宅を設計しました。注目すべきは、インディアナ州フォートウェインのハンセルマン・ハウス(1967年)とスナイダーマン・ハウス(1972年、2002年に焼失)です。

また、グレイヴスは、ピーターアイゼンマン、チャールズ・グワスミー、ジョン・ヘイダック、リチャード・マイヤーとともに、ニューヨーク・ファイブと呼ばれるようになります。建築作品に白色が多かったため、「ホワイト」とも呼ばれます。このときは、最小限の装飾を特徴とする純粋な形態のモダニズムを設計しています。

1970年代後半に、グレイヴスはモダニズムを脱却し、ポストモダニズムとニューアーバニズムのデザインに移っていきます。ポストモダニズムにより、グレイヴスは古典主義建築の要素を、皮肉とユーモアの感覚で現代の建築に取り入れていきます。この「遊び心のあるスタイル」と「カラフルなファサード」で有名になるデザインは、グレイヴスの新しい出発であったと言えます。

グレイヴスの設計したポートランドビルディングは、1980年代のグレイヴスの最も重要な建築です。15階建てのポートランド市役所は、装飾が施されたファサードとカラフルで特大の柱を備えた「モノリシックキューブ」として、グレイヴスの最も有名なポストモダン建築です。2014年に取り壊しの危機に直面しましたが、市政府は1億9,500万ドルと推定される改修を進めることを決定しました。

グレイヴスは、建築に加えて、消費者向け製品のプロダクトデザイナーでもありました。グレイヴスの独特のスタイルは、ターゲット、アレッシー、スチューベン、ウォルトディズニーカンパニーなどの顧客向け家庭用品に採用されています。マイケル・グレイヴスのデザイングループは、なんと2,000を超える製品をデザインしています。

グレイブスは2001年にプリンストン大学を退職し、その後は彼自身の設計事務所で設計を継続しました。グレイブスは脊髄感染にかかり2003年に腰から下が麻痺したため車椅子を使用することになります。このことから、障碍者のニーズに対する意識が高まりました。グレイヴスは自宅を障碍者ニーズに合わせて改造し、建築と設計作業を再開しました。2013年バラク・オバマ大統領は、建築と交通のアクセス・コンプライアンス委員会の管理職にグレイヴスを任命しています。

グレイブスは、2015年に80歳で逝去しました。

グレイブスは「建築と都市計画」に対して、人間主義的なアプローチを行いました。それは、20世紀後半の建築に大きな影響を与えており、グレイヴスは1960年代半ばから20世紀の終わりまで、最も多作で著名なアメリカ人建築家の1人だったといえます。グレイヴスは、世界中でポストモダン、ニュークラシック、ニューアーバニズムといった枠組みでくくられる350を超える建物を設計しました。彼の建築デザインは、これら3つの動きのすべてに大きな影響を与えています。

2.建築家 マイケル・グレイヴス代表作 紹介

1982 ポートランド・ビル

ポートランド・ビルは、オレゴン州ポートランドのダウンタウンにある15階建ての市庁舎です。 1982年に開業し、2011年に国家歴史登録財に追加されました。2017年に保守と修繕が開始されており、約3年間続く予定です。

この、マイケル・グレイヴスの設計のポートランド・ビルの独特の外観は、さまざまな素材、色、小さな窓、抽象的装飾があり、当時の一般的なオフィスビルと対照的でした。マイケル・グレイヴスは、建物全体をポストモダン建築のアイコンにしました。これは、フィリップジョンソンのAT&Tビルの前にオープンした最初の主要なポストモダンの高層オフィスビルであり、その先見性とデザインを含めて極めて重要です。

つまり、ポートランド・ビルは20世紀初頭に確立されたモダニズムの原則を初めて公に拒否したとも言えます。このグレイブスのデザインはデザインコンペで選ばれたものであり、フィリップ・ジョンソンは選考委員会の3人のメンバーの1人でした。

ポートランド市長のフランク・イヴァンシーは、モダニズムスタイルがアメリカの都市のダウンタウンを「退屈」に見せているとして、ポストモダン建築のデザインを歓迎したことも大きな要素です。建築家の間の反応は批判と歓迎の両方がありました。またスタイルの問題以外にも、建物の完成後すぐに多くの構造上の欠陥が明らかになり、その意味でも物議を起こした建築と言えます。

1985 Teakettle アレッシー製

1980年代初頭エットーレ・ソットサスはグレイヴスを採用し、グレイヴスはポストモダンデザイングループのメンフィスのメンバーになりました。またグレーブスはイタリアの高級キッチン用品メーカーであるアレッシーと提携しました。

グレイヴスは1982年にアレッシのスターリングシルバー・ティーサービス・セットを設計しました。この25,000ドルの高額なティーサービス・セットが成功して、アルベルト・アレッシーは今度は手頃な価格のケトルを設計するように依頼しました。 たぶん世間一般において彼の最も有名な製品は、1985年に設計した象徴的なやかんです。それは「アレッシ 9093ティーケトル」です。

やかんは注ぎ口に「赤い鳥の形の笛」を備えています。この商品は、15年間、同社のトップセラー製品でした。グレイヴスは、2015年に発売30周年を記念して、やかんの鳥形の笛に代わってドラゴンが登場する特別版をデザインしました。

スミスソニアン・デザイン・ミュージアムは、グレイヴスが「社会における建築家の役割」を拡大し、「日常の質に欠かせない優れたデザインへの公共の関心を高めた」と説明しています。

1985 Teakettle アレッシー製 建築家 マイケル・グレイヴス

1990 ディズニー・スワン&ドルフィン・ホテル

マイケル・グレイヴスは、1980年代後半にオーランドにあるウォルト・ディズニー・リゾートにスワン&ドルフィン・ホテルを設計しました。竣工は、1990年です。鮮やかな色合いの外観、大胆な幾何学的なボリューム、動物型のペディメントなどの特徴です。合わせて、2,200を超える客室と、16の飲食店を含む巨大な会議およびイベント施設が含まれています。

ディズニー社は、すべてのホスピタリティ施設が厳格なブランドガイドラインに従うことを望み、リゾート全体で「均一な体験」を生み出すことを重要視していました。しかし、グレイブスには他のアイデアがありました。ディズニープロジェクトでは、オーランドの場所に独特な建物を設計するために、過去の芸術と建築、そして地元の風景と気候に目を向けました。

「歴史的な建物のタイプやスタイルを文字通り複製したものではなく、一部のディズニーの建築で明らかなように、テーマの芸術と建築の歴史をより広く見て、ディズニーのプロパティとフロリダでの場所を補完する活気を作り出そうとしました。 」と言っています。

大きなドルフィンホテルは、中央が巨大な三角形の要素で固定されており、上部がわずかに湾曲した線形のボリュームが交差しています。 4つの翼が本館から水に向かって突き出ていますが、広大なコンベンションセンターは後方に斜めに伸びています。小さめのスワンは緩やかなアーチを繰り返しますが、翼は2つだけです。

また2つのホテルのファサードは大規模なパターンで装飾されています。バナナの葉がイルカを覆い、フロリダの湿った熱帯の風景、抽象的な波形なのです。屋根には建物の名前に対応する装飾用の動物が飾られており、遠くのゲストにも簡単に見分けられます。グレイヴスが2015年に亡くなったあと、イルカとスワンのホテルを結ぶ道は、マイケル・グレイヴス・コーズウェイと改名されました。

3.建築家 マイケル・グレイヴスの書籍 紹介

Michael Graves: Design for Life

マイケル・グレイヴスの人間主義的アプローチがよくわかります。人々への視線と優しさが建築にじみ出ているように思います。

One of the most prominent and prolific designers and architects of the late twentieth century, Michael Graves is best known for his popular product designs, including the world-famous Alessi whistling-bird teakettle, and controversial buildings, such as the Portland Building in Oregon, Humana Building in Kentucky, and Dolphin and Swan Hotels at Walt Disney World, Florida. Graves was widely seen as the leading voice of postmodernist architecture, which reintroduced human scale, color, and, sometimes, playful forms into the stark white vocabulary of modernism. Following a devastating illness that paralyzed him from the chest down, Graves became a tireless designer and advocate of improved health-care products and facilities before his sudden death in 2015. Shortly before this, he began a series of interviews with journalist Ian Volner, which form the basis of this biography of a remarkable designer. Volner also conducted numerous interviews with Graves’s family, patrons, colleagues, and friends. What emerges is a meticulously researched, anecdote-rich human story, as well as a primer on the American architecture scene of the past sixty years and a portrait of a man whose deep passion for his art brought pleasure to millions.

Amazonより

4.まとめ

建築家マイケル・グレイヴスは、米国のポスト・モダン建築を代表する建築家です。ディズニーの建築も多く、商業主義的なところは好みの分かれるところですが、日常生活へデザインを浸透させるという試みは、近代建築と共有する考えがあります。私は嫌いじゃないですが、ポップな感じは建築家受けはあまり良くないかもしれません。

注意説明 公共建築以外の場所の特定は行っていません。個人の所有物である住宅は、場所の特定をしないように配慮しております。ご了承くださいませ。

こんな記事も読まれています

シェアしてくれるとうれしいです!