「中古マンション購入完全ガイド」連載中!

建築家 レム・コールハースを知ろう! ヴィラ・ダラヴァ/ボルドーの家など

建築家 レム・コールハースは、オランダのロッテルダム出身の建築家です。現代で最も重要な建築理論家のひとりとしても知られています。

本記事の内容

本記事では、建築家 レム・コールハースの略歴、代表作、書籍を紹介したいと思います。建築家 レム・コールハースは、現代を代表する建築家です。実作を作る前に「錯乱のニューヨーク」という著作で有名になりました。彼が率いるOMAは、建築家に新たな職能を与え、理論的な研究とその応用としての建築設計を実現しています。

目次

  1. 建築家 レム・コールハースの略歴
  2. 建築家 レム・コールハースの代表作 紹介
    • 1991 ヴィラ・ダラヴァ
    • 1998 ボルドーの家
    • 2004 シアトル中央図書館
  3. 建築家 レム・コールハースの書籍 紹介
  4. まとめ

1.建築家 レム・コールハースの略歴

建築家 レム・コールハースは、1944年にオランダのロッテルダムで生まれました。

彼の父親は小説家、評論家、脚本家であり、息子のレム・コールハースに大きな影響を与えています。

父親のシナリオは、なんとドキュメンタリー映画部門のアカデミー賞にノミネートされ、ゴールデンベアを獲得しています。

レム・コールハースの父親は、植民地時代のオランダ人によるインドネシアの自治の大義を強く支持し、インドネシア独立戦争が終わった時、文化プログラムを実行するように招かれ1952年にジャカルタに引っ越します。

そのインドネシア滞在を、「私にとって非常に重要な時代でした」とコールハースは振り返っています。

1963年に19歳でハーグスポストのジャーナリストを務め、その後1968年にロンドンの建築協会建築学校で建築を学びます。

その後、ニューヨーク市の建築都市研究所で、1975年にOMA(The Office for Metropolitan Architecture)を設立し、1978年に 『錯乱のニューヨーク』を出版します。

コールハースの最初の著書である 『錯乱のニューヨーク』は、彼のキャリアの足がかりとなりました。

コールハースが重要視する建築の重要な側面は「プログラム」です。20世紀のモダニズムの台頭により、「プログラム」は建築デザインの主要テーマになりました。

プログラムは、建築設計の口実として「機能と人間の活動を編集する行為」が含まれます。

ルイス・サリヴァンの「形式は常に機能に従う(form ever follows function)」は有名です。

この概念は、デリリアスニューヨークでマンハッタンの高層建築の分析で最初に疑問視されました。

このような考え方から生まれた初期の設計方法は「クロスプログラミング」で、高層ビルのランニング・トラックなど、プログラムに予期しない機能を導入しました。

『錯乱のニューヨーク』の次に重要な著作は、「S、M、L、XL」といえます。

The Monacelli Press
¥8,729 (2021/10/20 23:28:03時点 Amazon調べ-詳細)

この本の巨大で無秩序な本のレイアウトは、建築出版にも影響を与えました。

「S、M、L、XL」は、OMAがそれまでに生成したさまざまな(ほとんど実現されていない)プロジェクトとテキストの記録です。

この本では、建築理論として「ビッグネス」などの多くの概念を生み出しました。

「古い」建築原理(構成、スケール、プロポーション、ディテール)は、建物がビッグネスを取得するときに適用されなくなるとします。

こうした概念がOMAのフランスのリール市の新しい中心である「ユーラリール」の開発計画(1990年から94年)で実証されたと主張しています。

コールハースは、西アフリカのナイジェリアにあるラゴスなどの大規模なコングロマリット、買い物と中国の都市の最近の急速な成長など多くの点を調べ、西洋の資本主義とグローバリゼーションを批判的に指摘します。

そして、こうした点がすべての文化的アイデンティティを破壊するかのように、「結局のところ、私たちが買い物をする以外に私たちには他に何もない」という皮肉主義の概念が強調されています。

実はそれは、だれもがわかっている文化的な生活の現実的な側面です。空港や美術館も、ギフトショップの運営に依存しているのです。

これらの観察を実践に変えるとき、現代社会に沿って組織化されたユニークなデザイン形態に変換します。

コールハースは、彼のデザイン活動に現代都市の観察「混雑した文化」を取り入れ続けています。

2005年に、レムコールハースは、マークウィグリーとオーレブーマンとともにボリュームマガジンを共同設立しました。

ボリュームマガジン– Archis(アムステルダム)、AMOロッテルダム、Cラボ(コロンビア大学ニューヨーク)による共同プロジェクトは、空間と文化のプロセスに特化した実験的シンクタンクです。

それは建築の「建物を作る」という定義を超えて、建築とデザインに関する新しい世界観、社会構造に対するより広い態度を提供し、住む環境の創造を助ける材料を提示しています。

この雑誌は、過去の起こったことや建物の履歴ではなく、これからの可能性を明らかにする新しいジャーナリズムともいえます。

こうした点から、レム・コールハースは現代の最も重要な建築思想家のひとりといえます。

2.建築家 内田祥三代表作 紹介

1991 ヴィラ・ダラヴァ

ヴィラ・ダラヴァはセーヌ川、ブローニュの森、パリの街に向かって急勾配で傾斜する丘の上にあります。サンクラウドの住宅街地区の住宅の多くはクラシックで、所謂「モネ」の風景の中の19世紀の家々と言えるでしょう。

クライアントは、屋上にプールがあり、両親用と娘用の2つの「アパート」があるガラスハウスを望んでいました。彼らはまた、スイミングプールから周囲の風景とパリの街のパノラマビューを望んでいました。

敷地は緑に囲まれ、庭の壁、斜面で境界が作られています。ヴィラ・ダラヴァは、それは3つの部分で構成されています。それは、傾斜した庭園、別荘のメインボリューム、ガレージです。

家はガラス張りのパビリオンのようであり、リビングとダイニングエリアがあります。2つの空中に浮いたようなアパートがコンクリート構造物の上にあるプールでつながっています。

1998 ボルドーの家

ボルドーの家(ルモワンの家)は、フランスのフロリアックにある住宅です。Sud Ouest Groupの元理事会会長であるジャン・フランソワ・ルモワンによって依頼されました。

建物は丘の上にあり、ボルドーを一望できます。500平米以上という広大な家には3つのレベルがあります。最初のレベルは庭のレベルで、キッチンなどのドメスティック・ワークの部屋が含まれます。リビングルームは2階、ベッドルームは3階にあります。家の中央には、3 m×3.5 mの油圧式リフトがあり、3つのレベルをつないでいます。ルモワンが、1991年に自動車事故により身体障がい者となっていたためです。

1998年にレム・コールハースはシルバー・スクエア・アワードを受賞しました。そして、家全体が2002年に歴史的記念物として指定されました。

2004 シアトル中央図書館

シアトル中央図書館は、シアトル公共図書館システムの旗艦図書館です。OMAのレム・コールハースとジョシュア・プリンス・ラムスが建築家です。

建築家は新しい中央図書館の建物をいわば、本の記念碑として考え、21世紀の到来と「デジタル時代」にもかかわらず、人々は紙に印刷された本に依然として大きく反応することを重視しました。

11階建ての中央図書館は、150万冊を超える本を収容しています。そして、ライブラリーを閉鎖的な空間ではなく、できるだけ一般に公開するように働きかけました。

これは、利用者のライブラリーに対する一般的な要求と重なっていました。

こうしてみると、日本お公共図書館のあり方を追求した鬼頭梓の方向性を思い出します。

ライブラリは外側から見ると珍しい形ですが、建築家の哲学は、建物に必要な機能に構造を課して機能をそれに適合させるのではなく外観を作り上げることでした。

たとえば、建物の主要なセクションは「Books Spiral」です。コレクションは、連続した一連の棚の上に4階建てになっています。

これにより、利用者は階段を使用したり、建物の別の部分に移動したりせずにコレクション全体を閲覧できます。

建物の使用は、予測される量の2倍以上でした。開館の初年度には230万人が図書館を訪れ、およそ30%がシアトル外からの訪問客でした。

そのため周辺地域に1,600万ドルの新しい経済活動を生み出しました。シアトル中央図書館は、2005年の全国AIA名誉建築賞を受賞しました。

3.建築家 レム・コールハースの書籍 紹介

錯乱のニューヨーク

実作を作る前に出版した理論書であり、建築史上画期的な著作です。

人間の欲望と一致するある神話的な到達点を自らの手で目ざし、現代文化の基礎として複合的な超過密文化を生み出した都市マンハッタン。理論のユートピア=摩天楼、理想主義の断片=ロックフェラー・センター、予想外の突然変異=ラジオシティ・ミュージックホール…。地表上をグリッドに仕切り数々の建築物を打ち立てたこの都市の誕生・成立・発展の過程、さらにその可能性と限界を、多くの貴重図版とともにエキサイティングに描き出す。現代建築の巨人による伝説の書、待望の文庫化。

この書を読まずして、現代建築を語るなかれ。

Amazonより

S,M,L,XL+: 現代都市をめぐるエッセイ

英語バージョンを読む前に、こちらの日本語バージョンを読んで全体像を知るのがポイントです。

世界的建築家の代表作がついに!英語版より選り抜いた論考にその後の主要作を加えた日本版オリジナル編集。彼の思索のエッセンスが詰まった一冊。

’70年代末、『錯乱のニューヨーク』で建築界の寵児となった鬼才コールハース。以来、建築家として一作ごとにセンセーションを巻き起こしてきた彼がブルース・マウと組んで’95年に刊行した『S,M,L,XL』は、1300ページを超える途方もないヴォリューム、圧倒的なヴィジュアルとあいまって、たちまち伝説の書となった。その『S,M,L,XL』の核となっているテクストをセレクト、あわせて「ジャンクスペース」などその後の問題作10篇を収録する。世界の都市の変化の最前線を深い洞察力でとらえたその思想の核心を凝縮、現代都市論/建築論にまったく新しい次元を開く衝撃の書!

Amazonより
The Monacelli Press
¥8,729 (2021/10/20 23:28:03時点 Amazon調べ-詳細)

4.まとめ

建築家 レム・コールハースは、現代を代表する建築家です。現代における建築のあり方について、過激な実作を作りながら世界に問いかけているようです。未だ創作意欲は衰えず、今も注目すべき建築家のひとりです。

注意説明 公共建築以外の場所の特定は行っていません。個人の所有物である住宅は、場所の特定をしないように配慮しております。ご了承くださいませ。

こんな記事も読まれています

シェアしてくれるとうれしいです!