「中古マンション購入完全ガイド」連載中!

建築家 吉阪隆正が執筆した必ず読むべき必須本【10選】

建築家 吉阪隆正は、ル・コルビュジエに師事した3人の日本人(前川國男、坂倉準、吉阪隆正)の中で一番若く、ル・コルビュジエの晩年をよく知る建築家です。

帰国後の1953年から本格的に設計活動を開始し、吉阪研究室(後のU研究室)では、多くの建築家を育てました。

早稲田大学赤道アフリカ横断遠征隊、早大アラスカ・マッキンリー遠征隊長など、探検家というか登山家としての側面も持っていました。

1973年には日本建築学会の会長に就任しています。本当に人間的にも面白い建築家です。

というわけで、今回は吉阪隆正の執筆した本のご紹介です。

学生
先生、「建築家 吉阪隆正」について知りたいのですが、どんな本が良いですか?教えてください!!
建築の先生
「建築家 吉阪隆正」といえば、ル・コルビュジエに師事した建築家の一人としてもよく知られています。建築造形もかなり特徴的ですね。日本の近代建築を代表する建築家の一人で、ル・コルビュジエの翻訳本も多いです。最初は「乾燥なめくじ―生ひ立ちの記」が、吉阪隆正の全体像を知ることできるのでお勧めですよ!

本記事の内容

本記事では、建築家 吉阪隆正が執筆した書籍【10選】を紹介します。絶版も多いので、現在手に入れられるものを中心に、ル・コルビュジエの【翻訳本】も入れておきます。

目次

  1. 乾燥なめくじ―生ひ立ちの記(吉阪隆正 著)
  2. 吉阪隆正対談集―住民時代 君は二十一世紀に何をしているか(吉阪隆正 著)
  3. 住生活の観察 (吉阪隆正集 2)(吉阪隆正 著)
  4. 環境と造形 (吉阪隆正集 5)(吉阪隆正 著)
  5. 建築の発想 (吉阪隆正集 7)(吉阪隆正 著)
  6. 住まいの原型 2 (SD選書 77)(吉阪隆正 編)
  7. 【翻訳】アテネ憲章 (SD選書 102)(吉阪隆正 翻訳)
  8. 【翻訳】建築をめざして (SD選書 21)(吉阪隆正 翻訳)
  9. 【翻訳】モデュロール 1&2(SD選書 111&112)(吉阪隆正 翻訳)
  10. 吉阪隆正の迷宮(2004吉阪隆正展実行委員会 編)

1. 乾燥なめくじ―生ひ立ちの記(吉阪隆正 著)

吉阪隆正が「かんそうなめくじ」という名前で、人類や文明について語っています。

「かんそうなめくじ??」ですよね。

なんていうか、発想力の違いが際立ちますね。

この本では、かの有名な吉阪隆正自邸について、吉阪隆正自身が自伝的にその変遷史を語っています。

また、吉阪隆正夫人や妹による回想もあるので、人間「吉阪隆正」を楽しめると思います。

■目次
・かんそうなめくじの弁 1966年 日本万博に期待する
五本目の脚/不信の逆手
・日本の都市・世界の都市
世界平和は相互理解から/私のヨーロッパ歴史解釈/文化人類学からの比較/住居形態からの比較/先進国日本
・かんそうなめくじの弁 1971年 月は西から東に向かう
五年目にまた/ツーテンジャックのルール/一次元の世界をつくる馬鹿/いのちのためのくらしの害/知恵を働かすほど困るようになる/一度にひとつしかできないこと/月は西から東に向かうこと
・大学と国際交流-個人的体験を通じて
親が国際交流の仕事に従事している時の子供の立場/留学生/遠征/招聘、交流/国際会議/建築の分野で/ツーリスト・ビューロー
・かんそうなめくじの弁 1976年 五本目の脚
変身/日出づる方を大切にせよ/科学は限定された世界像/知と別の友愛
・わが住まいの変遷史
誕生の前後/幼年期の頃/少年期頃のテリトリー/ジュネーブのお屋敷で/下宿時代/1945年5月25日焼失/同居から単居まで/もう一つの経験/「薩摩会館」での二年間/アルゼンチンでの二年間/百人町の改装と拡大/ボストンでの転機
・兄のこと 川久保よし子
・かんそうなめくじの妻 大いに語る 1982年 吉阪ふく
・あとがきにかわって 三宅豊彦

2. 吉阪隆正対談集―住民時代 君は二十一世紀に何をしているか(吉阪隆正 著)

吉阪隆正と10人の建築家との対談集です。

私が気になったのは、黒川雅之、石井和紘です。

この時代の建築家の個性の強さがとても出ていて、対談の建築家の選択も面白いですね。

■内容 キサデコールセミナーシリーズの第5巻。 建築家 吉阪隆正と10人の建築家との対談集。 主要目次: 1. 子供たちのために 仙田満+大竹康市+吉阪隆正  2. 水のはなし  山崎泰孝+黒沢隆+吉阪隆正  3. 皮膚感覚について  黒川雅之+長谷川逸子+吉阪隆正  4. 家について  藤本昌也+納賀雄嗣+吉阪隆正  5. 現代建築の誘導概念  石井和紘+石山修武+吉阪隆正

3. 住生活の観察 (吉阪隆正集 2)(吉阪隆正 著)

吉阪隆正の「1940年早稲田大学卒業論文」があるので、これが読みたくて紐解きました。

いろんなことに興味を持つことの大事さが伝わります。

前川國男、坂倉順三そして吉阪隆正は日本におけるル・コルビュジェの弟子の3人のうちの一人です 父親が外交官であったことから子供のころから海外生活が多く、グローバルな視点で建築をとらえる貴重なシリーズ本の一冊  1北支蒙彊に於ける住居の地理学的考察-1940年早稲田大学卒業論文  2自然環境と住居の形態-住居学汎論 解説 吉阪の想望と現代住居学の課題 地井昭夫著

4. 環境と造形 (吉阪隆正集 5)(吉阪隆正 著)

吉阪隆正が立ち上げた「有形学」の基礎となる論考があります。

民族学的差異論、発展段階論など社会科学的な視点もあり面白いですね!

吉阪以前に、造形文化の深層と深く関わりあう形で、「環境」が論じられることはなく、またアノニマスや生活主体の築きあげた「造形的環境」が、美学的・建築学的・生活学的考察の対象となることはなかった。本書では、これらの洞察から吉阪が「有形学」を構築するプロセスが読みとれるとともに、吉阪が図と文で論及する豊かな事例を学びとることができる。ここには、芸術様式史としての建築の理解や民族学的差異論、自然決定論、発展段階論などの諸論を超えて、人類の環境文化の構造的理解に迫るものがある。

5. 建築の発想 (吉阪隆正集 7)(吉阪隆正 著)

「ヴェニス・ビエンナーレ・日本館」、「アテネ・フランセ」、「大学セミナーハウス」など、吉阪隆正の代表作について語っています。

吉阪隆正の代表的建築に興味のある人は必見です。

1946年から1981年まで、吉阪隆正とU研究室によって創られた建築作品。「ヴェニス・ビエンナーレ・日本館」、「アテネ・フランセ」、「大学セミナーハウス」をはじめ17作品の写真・図版と、吉阪による自作解説を収録する。

6. 住まいの原型 2 (SD選書 77)(吉阪隆正 編)

こちらは、吉阪隆正の編集で、地域研究者の論考をまとめたものです。

「住まいの原型 1」は、泉精一という人類学者が編集をしていたので、その路線を引き継いています。

吉阪隆正の大学時代の師匠は今和次郎で、今和次郎は民俗学者だった(柳田國男と調査もしていた)ので、その影響もあるのかと思います。

本書では、モンゴル、フィリピン、台湾、エジプトなど、15の地域の住居をとりあげ、各執筆者の視点から、住居本来の有様を紹介。

7. 【翻訳】アテネ憲章 (SD選書 102)(吉阪隆正 翻訳)

有名なル・コルビュジエの「アテネ憲章」の和訳です。

「建築科の学生たちへの談話」として、「今日の言葉/建築科の学生諸君に/ごった返し/住居の建設/建築/研究のアトリエ」という簡単な論考を載せています。

「アテネ憲章」よりも付録の吉阪隆正の言葉が面白かったです。

機械文明下における都市計画の憲章として40年余を経た今日、その内容と精神は生き続いている。建築科の学生達への談話を併載。
■目次
・翻訳に当たって
・冒頭の言葉
・憲章のできるまで
・アテネ憲章
総則/都市の現状-危機と対策/結論
・建築科の学生たちへの談話
今日の言葉/建築科の学生諸君に/ごった返し/住居の建設/建築/研究のアトリエ
・訳者解説
アテネ憲章の推進力となったル・コルビュジェの働き/もう一つの観点(1)/もう一つの観点(2)
・訳者あとがき

8. 【翻訳】建築をめざして (SD選書 21)(吉阪隆正 翻訳)

ル・コルビュジエの「建築をめざして」の和訳です。

建築を目指す人の基本書として必見です。

読み継がれる建築の名著。
「住宅は住むための機械だ」
このあまりにも有名な言葉を含む本書は、ル・コルビュジエの都市・建築に対する新時代の到来を告げる宣言であり、その問題提起は都市・建築を学ぶ人々にとって今なお、刺激的で示唆的である。

9. 【翻訳】モデュロール 1&2(SD選書 111&112)(吉阪隆正 翻訳)

ル・コルビュジエの「モデュロール(黄金尺)」の和訳です。

この本は、ル・コルビュジエの自叙伝とも言えるものです。

ル・コルビュジエの生い立ち、考え方、生き方に興味のある人も楽しめると思います。

コルビュジエのモデュロール(黄金尺)は、「人間の建物」の尺度の基準として、彼が一生をかけて作り出したもので、本書は、一種の自叙伝といってよく、生い立ちや活動、迷いや確信をスリリングに綴った興味あふれる本である。

10. 吉阪隆正の迷宮(2004吉阪隆正展実行委員会 編)

こちらは、2004年に開催された吉阪隆正展のために作られた本です。

多くの建築家が「どのように吉阪隆正に影響されたのか」など内容もかなり豊富なので、吉阪隆正をさまざまな角度から知ることができます。

大勢の若者が参加した大学セミナー・ハウスの大きな油土模型を核にした展覧会、気鋭の建築家と評論家、歴史家を交えたシンポジウム、十夜にわたって10のテーマで32人が語り継いだ夜話、次世代の建築家によるビデオメッセージ。2004吉阪隆正展は、吉阪の活動の多方面に光が当てられた。本書に登場する多くの語り部のことばから、人間、建築、まち、都市、地球へと思考や行動を展開した吉阪の熱い想いが伝わってくる。

最後に

如何でしたか?今回は、建築家 吉阪隆正が執筆した本10選をご紹介しました。今回、吉阪隆正の本を調べてみると、かなりの本が絶版となっていて、中古市場にも出回っていないものも多いです。程度の良い本を見つけたら、手に入れておくと良いと思います。

ちょっと開いた時間に書籍を聞くサービス

建築をやっているとたくさん本が読みたくなりますが、なかなか時間がない人も多いのでは!

そんな時は書籍を聞くこともできます。

特に電車の中などで通勤・通学中の時間に良いと思います。

現在2ヶ月無料体験実施中なので、まずは1度試してみてください。

Amazonオーディブル

Amazonプライム Student/学生は6ヶ月無料

AmazonプライムStudentは、学生用のAmazonプライムです。

なんと、書籍のポイント還元最大10%となります。

現在、学生だと6ヶ月は無料で利用できます。

あとは、Amazonプライム映画やドラマなども、見放題なのでとても便利で使えると思います。

Amazonプライム Student(学生向け)

Amazonプライム/一般会員は1ヶ月無料

一般会員は1ヶ月無料で利用することができます。

Kindleの利用もできるので、電子書籍はめちゃ便利です。

Amazonプライム(一般向け)

さらに、Amazonファミリーがあります!

幼い子供がいる方やこれから家庭を始める方のための、Amazonプライム会員限定のサービスです。

上記の、プライム会員(年会費3,900円、税込)に申し込み、お子様の出産予定日/誕生日を登録すると、AmazonプライムとAmazonファミリーの両方の特典を受けることができます。

*Amazonプライムの年間会員費以外の追加料金はありません。

こんな記事も読まれています

シェアしてくれるとうれしいです!