「中古マンション購入完全ガイド」連載中!

2021年ノーベル文学賞作家 アブドゥルラザク・グルナの厳選書【10選】

アブドゥルラザク・グルナとは?

日本で2021年ノーベル文学賞作家 アブドゥルラザク・グルナを知っていた人はきっとほとんどいなかったでしょう!

なんと和訳はひとつもありません。びっくり!

しかし、これがいいのです。(と私は勝手に思う!)

これで、原書でトライできます。こういう強制力がないとなかなか原書にトライできません!

チャレンジの良い機会!と思うことにします!

アブドゥルラザク・グルナ(1948年12月生まれ)はイギリスの小説家・評論家・文学研究者です。長くケント大学でアフリカ・カリブ文学やポストコロニアル理論の講義を行なっていました。

グルナは1948年に現在のタンザニアの一部であるザンジバル王国で生まれました。彼はザンジバル革命で支配的なアラブのエリートが転覆した後、18歳で島を去り、1968年に難民としてイギリスに到着しました。彼の父と叔父はイエメンから移住したビジネスマンでした。

彼は当初、カンタベリーのクライストチャーチカレッジで学び、学位はロンドン大学から授与されています。その後、ケント大学に移り、1982年に博士号を取得しました。

グルナは20代の間に、ホームシックを軽減するために書き始めました。彼は日記に考えを書き留めることから始め、それは家についての話に変わり、最終的には他の人々についての架空の物語を書くようになりました。これは、難民であり、別の土地に住んでいて、避難しているという彼の経験を理解し、記録するためのツールとして書くことを使用したと言えます。

1980年から1983年まで、ナイジェリアのバイェロ大学カノで講義を行いました。その後、ケント大学で英語とポストコロニアル文学の教授になり、2017年に引退するまで教えました。

彼の第一言語はスワヒリ語ですが、彼は書き言葉として英語を使用しています。しかし、グルナはスワヒリ語、アラビア語、ドイツ語の断片を彼の著作のほとんどに統合しています。彼は、この慣習を続けるために出版社と対立して、出版社は「彼の本の中でスワヒリ語とアラビア語の参照とフレーズをイタリック体化または英語化する」と主張しました。

グルナは、「外国の」用語やフレーズをイタリックでマークするか、用語集に入れることによって、「外国語を外国語のように見せたい」というイギリスとアメリカの出版の慣行を批判しています。

ハミッド・ダバシが指摘するように、グルナは「アジアとアフリカの移住とディアスポラの経験が英語と文学を豊かにしたとします。彼がイギリスに足を踏み入れる前でさえ、英語は彼に固有の書き言葉でした。しかしその事実を隠しています。イギリスの植民地の将校がそれを導入したのに・・・」

これらの最初の物語は、最終的にグルナの最初の小説「Memory of Departure:出発の記憶」(1987)になりました。この最初の本は、彼のその後の小説、短編小説、批評エッセイを通して、「植民地主義、戦争、避難の長引くトラウマ」というテーマの彼の継続的な探求の舞台を設定しました。

亡命、追放、帰属、植民地主義、国家による約束の破綻など、一貫したテーマがグルナの著作を貫いています。彼の小説のほとんどは、戦争や危機の影響を受けた発展途上国に住む人々についての物語です。

グルナの作品の多くは東アフリカの海岸を舞台にしており、彼の小説の主人公の1人を除いてすべてがザンジバルで生まれました。グルナは18歳で移民して以来、タンザニアに戻っていないが、故郷は「故意に自分の物語を他の場所に設定しようとしても、常に自分の想像力の源泉となる」と述べている。

文芸評論家のブルース・キングは、グルナの小説が東アフリカの主人公をより広い国際的文脈に置いていると主張し、グルナのフィクションでは「アフリカ人は常により大きく変化する世界の一部であった」と述べている。キングによれば、グルナのキャラクターは疎外され、望まれず、したがって憤慨している犠牲者である。彼女は、グルナのキャラクターは通常、移住後に海外で成功しないと述べています。 つまり、彼らの状況に対応するために皮肉とユーモアを使用されています。

タンザニアでのグルナの著作の読者層を築くことを目指して、彼の小説をスワヒリ語に最初に翻訳した東洋アフリカ研究学院の学者であるIda Hadjivayanis博士は、次のように述べています。

「私たちは彼が読まれる最初のステップは、学校のカリキュラムにパラダイスとアフターライブを含めることです。」

どんな本か読んでみたくなりますね!!

学生
先生、アブドゥルラザク・グルナ」の本を読みたいですが、どんな本が良いですか?教えてください!!
建築の先生
「アブドゥルラザク・グルナ」といえば、「2021年にノーベル文学賞」を受賞したことでよく知られています。なんと和訳が一つもありません。おすすめは、デビュー作の「Memory of Departure」ですね。

本記事の内容

本記事では、アブドゥルラザク・グルナの厳選書籍を紹介します。ノーベル文学賞作家とはいえ、日本で全く知られていないのにはびっくりです。ぼちぼち、原書を買って読んでみることにします。大人への「本のプレゼント」にも最適ですね。

目次 − アブドゥルラザク・グルナの厳選書

  1. Afterlives
  2. Paradise
  3. Dottie
  4. Memory of Departure
  5. By the Sea
  6. Admiring Silence
  7. Pilgrims Way
  8. Desertion
  9. Gravel Heart
  10. Last Gift

1. Afterlives

内容はなかなか重いですね。

内容・・・数年後、彼は両親がいなくなったのを見つけるために彼の村に戻り、彼の妹のアフィヤは諦めました。ハムザは売られました。彼は軍隊で成人しました。ハムザは戦争がどのように終わったかについて何も話しません。彼の子供の頃の町に戻って、彼が望んでいるのは仕事です。そして美しいアフィヤです。ドイツ人とイギリス人とフランス人とベルギー人は、新しい地図を描き、アフリカを分割しました。彼らが完全な支配を求めるとき、彼らは植民地化された人々による反乱を経験します。ヨーロッパでの紛争は、東アフリカに舞台をうつします。友人が行き来し、生き、働き、恋に落ちる中で、新しい戦争の影が長く、暗く続きます。

ノーベル文学賞受賞者2021年「アフリカで最も偉大な生きた作家の一人」 ジャイルズ・フォーデンによると「不思議な作家による注目すべき小説 アフターライフを読むことは物語の喜びに戻されることです」

アミナッタ・フォーナによると説得力のあるストーリーテリング…あなたはフィクションを読んでいることを忘れて、それはとてもリアルに感じます

2. Paradise

内容・・・ユスフは東アフリカで生まれ、旅についてほとんど不安を感じていません。 なぜ彼がアジズおじさんに同行しているのか、なぜ突然旅行が計画されたのかを尋ねることはありません、そして彼はいつ戻るのか尋ねようとは思いません。 しかし「叔父」は裕福で強力な商人であり、ユスフは父親の借金を支払うために彼に売られました、パラダイスは神話、夢、聖書とコーランの伝統の豊かな背景を軸にした少年の物語です。植民地主義と暴力によってますます堕落したアフリカが描かれます。

¥1,671 (2022/01/28 02:32:36時点 Amazon調べ-詳細)

3. Dottie

内容・・・若い女性が家族の歴史を再発見し、その過程で自分自身を見つける物語です。第二次世界大戦後のイギリスが舞台、17歳のドッティは彼女の家族の起源について何も知らずにいました。彼らの歴史の、つまり彼らが英国で暮らし、家を作り、その過程で彼女の先祖が苦しんだ歴史。ドッティは彼女の家族が彼女にとって何を意味するのかを知っており、母親の死をきっかけに、彼女は家族を守ることを決意しました。

4. Memory of Departure

アブドゥルラザック・グルナの最初の小説です。

内容・・・ハッサンオマールは才能のある若者であり、明るい未来を持っています。しかし、その過去は貧困によって傷つけられています。 しかし、国の反乱をきっかけに新政府が発足したことで、彼は海外の大学への奨学金を拒否されます。つまり勉強する機会を奪われました。 代わりに、ハッサンは裕福な叔父と一緒に暮らすためにナイロビに旅行します。ナイロビでは、ハッサンは過去の秘密と将来の希望の衝突を経験します。 恐怖と欲求不満、美しさと残忍さの複合。 彼は、デビュー小説でも激しい内容の物語を書いています。

5. By the Sea

内容・・・11月下旬の午後、サレハオマールは、インド洋の遠く離れた島、ザンジバルからイギリスのガトウィック空港に到着します。 彼は、彼の最も貴重な所有物がある小さなバッグを持っています-お香が入っているマホガニーの箱。 彼はかつて家具店を経営し、家を持ち、夫であり父でした。 現在、彼は亡命希望者です。 一方、サレハの過去と親密な関係にあるラティフ・マフムードは、ロンドンのアパートで一人で静かに暮らしています。 サレハとラティフがイギリスの海辺の町で出会うと、物語が始まります。それは愛と裏切り、誘惑と所有、そして時代の大混乱の中で安定を見つけようと必死に努力している人々の物語です。

6. Admiring Silence

内容・・・彼は、ザンジバルから脱出したとき、おそらく二度と戻ってこないだろうと考えていました。それでもイギリスで勉強するという夢は重要です。学校は窮屈で暴力的でしたが、エマという女性に出会います。彼女は中流階級から離れて彼に愛を提供し、子供を産みます。彼は新しい家の物語を紡ぎ、彼女を秘密にします。

7. Pilgrims Way

内容・・・ダウドは、生まれ故郷のタンザニアでの政治的混乱を受けて、イギリスに移住しました。何年もの間、彼は自分の過去を隠そうとしました。しかし、彼がキャサリンに会ったとき、彼は彼女のために故郷での人種差別の話を語ることを決意します。彼の悲劇的な育成、彼のイギリスへの飛行、そして彼の新しい故郷であるイギリス。

この小説は、ダウドの過去の痛みと美しさに深く導きます。アイデンティティ、記憶、移民についての物語です。

8. Desertion

内容・・・1899年のある朝早く、モンバサから海岸沿いの小さな町で、ハサナリはモスクに向けて出発しました。 しかし、彼はそこにたどり着くまえに、足元で倒れる疲れ果てたイギリス人を見つけました。その男はマーティン・ピアスです-作家、旅行者、つまりオリエンタリストのようなものです。 ピアスが回復した後、彼はハサナリを訪れて救助に感謝し、ハサナリの妹レハナに会います。 彼はすぐに魅了されます。 文明化された生活の端にある町で、2つの文化が結びつき、3世代にわたって、そして大陸を越えて、情熱的な恋愛が始まります。

¥1,354 (2022/01/28 02:32:40時点 Amazon調べ-詳細)

9. Gravel Heart

内容・・・彼の愛する叔父、彼の大切な本、公立学校の日課とコーランのレッスン。それは1970年代であり、変化の風がザンジバルを吹き抜けています。突然、サリムの父親が亡くなり、革命の結果、島は暴力と腐敗で動揺しました。ロンドンを経て、サリムが家族の歴史の中心にある悲劇を理解し始めるのは、ほんの数年後のことです。

10. Last Gift

内容・・・アッバスは公海で船乗りになる前、エクセターのドラッグストアの外で妻のマリアムに会う前、子供たち、ジャマルとハンナとの静かな生活に落ち着く前に、彼の過去について誰かに話しました。しかし現在、63歳のとき、彼はいつの日か彼がしなければならないと思っていたことについて話すことができなくなりました。

最後に

如何でしたか?今回は、アブドゥルラザク・グルナとの厳選書籍を紹介しました。アブドゥルラザク・グルナの書籍はそのうち翻訳されると思いますが、日本語訳がないと言うのはまずは原書でトライするのに最適ですね!是非チャレンジしてみてください!

ちょっと開いた時間に書籍を聞くサービス

たくさん本が読みたくても、なかなか時間がない人も多いのでは!

そんな時は書籍を聞くこともできます。

特に電車の中などで通勤・通学中の時間に良いと思います。

現在2ヶ月無料体験実施中なので、まずは1度試してみてください。

Amazonオーディブル

Amazonプライム Student/学生は6ヶ月無料

AmazonプライムStudentは、学生用のAmazonプライムです。

なんと、書籍のポイント還元最大10%となります。

現在、学生だと6ヶ月は無料で利用できます。

あとは、Amazonプライム映画やドラマなども、見放題なのでとても便利で使えると思います。

Amazonプライム Student(学生向け)

Amazonプライム/一般会員は1ヶ月無料

一般会員は1ヶ月無料で利用することができます。

Kindleの利用もできるので、電子書籍はめちゃ便利です。

Amazonプライム(一般向け)

さらに、Amazonファミリーがあります!

幼い子供がいる方やこれから家庭を始める方のための、Amazonプライム会員限定のサービスです。

上記の、プライム会員(年会費3,900円、税込)に申し込み、お子様の出産予定日/誕生日を登録すると、AmazonプライムとAmazonファミリーの両方の特典を受けることができます。

*Amazonプライムの年間会員費以外の追加料金はありません。

こんな記事も読まれています

シェアしてくれるとうれしいです!