「中古マンション購入完全ガイド」連載中!

2016年のノーベル文学賞受賞 ボブ・ディランを知ろう 厳選書&CD【12選】

ボブ・ディランについて

ボブ・ディランは、1941年5月24日にミネソタ州ダルースに生まれました。

本名は、ロバート・アレン・ジマーマンと言います。

祖父母は当時のロシア(現ウクライナ)とリトアニアからの移民でです。

父エイブラハムと母ビアトリスはの長男ですね。

1946年、弟デイヴィッド誕生します。

幼少時より家にあったピアノを独習し、レコード店に入り浸り、ギターをかき鳴らしていたそうです。

高校時代はロカビリーの全盛期で、エルヴィス・プレスリーにあこがれバンドを組んでいたそうなので、当時の高校時代が想像できますね。

1959年9月、奨学金を得てミネソタ大学に入学しますが、半年後には大学に行かなくなりエレキギターを購入したそうです。

ミネアポリスでフォーク・シンガーとしての活動を始め、この時にボブ・ディランと名乗ります。

「ボブ」はロバートの愛称ボビーから、「ディラン」は詩人のディラン・トーマスから取ったとされます。

もしかしたら、叔父の名前であるディリオンから取ったかも?という話もあります・・

1961年冬、大学を中退してニューヨークに出ます。

グリニッジ・ヴィレッジ周辺のフォーク・ソングを聴かせるクラブで弾き語りをして、このときにハリー・ベラフォンテのバックで初めてプロのレコーディングを経験します。

この後、コロムビア・レコードのジョン・ハモンドにその才能を見出され1962年3月にアルバム『ボブ・ディラン』でデビューします。

風に吹かれて

時代は変る

ミスター・タンブリン・マン

ライク・ア・ローリング・ストーン

見張塔からずっと

「天国への扉」

などにより、半世紀以上にわたり多大なる影響を人々に与えました。

グラミー賞やアカデミー賞を受賞し、ロックの殿堂入りも果たしています。

そして、驚くべきことに2016年には歌手としては初めてノーベル文学賞を受賞しました。

「アメリカ音楽の伝統を継承しつつ、新たな詩的表現を生み出した功績」を評価されました!

発表からしばらく沈黙をしていましたが、同月28日に授賞を受け入れると発表します。

2017年、収録曲が全てカバーソングであるCD3枚組のアルバム『トリプリケート』をリリースしました。

現在でも、「ネヴァー・エンディング・ツアー」と呼ばれる年間100公演ほどのライブ活動を中心にして活躍しています。

見にいきたいですね

目次 − ボブ・ディランの厳選書&CD

ここでは、ボブ・ディランの厳選書&CD【12選】について紹介します。

  1. ボブ・ディラン自伝
  2. ボブ・ディラン インタビュー大全
  3. はじまりの日
  4. The Lyrics 1961-1973
  5. The Lyrics 1974-2012
  6. タランチュラ (角川マガジンズ)
  7. 風に吹かれて
  8. 時代は変る
  9. ミスター・タンブリン・マン
  10. ライク・ア・ローリング・ストーン
  11. 見張塔からずっと
  12. ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・ボブ・ディラン

1. ボブ・ディラン自伝

  • おすすめ度:★★★★★
  • 人 気 度:★★★★
  • マニアック度:★★★

あらすじ:【ノーベル文学賞受賞!】緊急配信決定!ボブ・ディランがその半生を語る衝撃の自伝選考委員らは彼の自伝「Chronicles(邦題:ボブ・ディラン自伝)」のみならず社会状況や宗教、政治、そして愛をとりあげた彼の音楽を評価したという。伝説のシンガー、ボブ・ディランの半生が、今、自らの手によって明かされる!全米で売上げ50万部を突破したこの自叙伝は、これまで謎に包まれていた彼の私生活やその折々の彼の心情が赤裸々に吐露されている。60年代の初めにニューヨークに出てきてコロンビアと契約するところから話は始まり、ディランの生い立ち、グリニッジ・ビレッジでのカフェホワッ?の舞台裏、バイク事故とウッドストックの隠遁生活、「新しい夜明け」や80年代の最高傑作「オーマーシー」ができるまでの過程とレコーディング風景、恋人スーズとの出会いなど、彼の目で見たものが彼の言葉で書かれている。彼の音楽人生に大きく影響を与えた数多くのミュージシャンにも言及。また、これまで謎に包まれていた彼の私生活やその折々の彼の心情、あるいは当時の社会情勢に対する彼の思いも細かく描写されている。

2. ボブ・ディラン インタビュー大全

  • おすすめ度:★★★★
  • 人 気 度:★★★★
  • マニアック度:★★★

あらすじ:放送されなかったラジオインタビュー、あのノーラ・エフロンによる今となっては掲載誌不明のインタビュー、ナット・ヘントフによるプレイボーイ誌インタビュー、ポール・ゾロによる創作術インタビュー、マリー・トラヴァース(ピーター・ポール&マリー)、マイケル・ギルモアによるインタビューなど、ファンならずとも読んでおきたい、決定版45万字ディランの言葉。

3. はじまりの日

  • おすすめ度:★★★★
  • 人 気 度:★★★
  • マニアック度:★★★

あらすじ:ボブ・ディランの名曲『Forever Young』に、詩人アーサー・ビナードの訳詩と、新たに爽やかな絵が加わって、希望あふれる絵本になりました!『Forever Young』は、1974年に発表されてから老若男女にうたわれてきた、子どもを思うあたたかな名曲。これまで正式な日本語訳がなかったこの曲を、アメリカ生まれの日本語の詩人アーサー・ビナードが歌える日本語訳にしました。ロックの歴史的名曲と絵本の新しい出会いを味わえる絵本。 「この本の絵について」(ポール・ロジャース) 絵を描くにあたって、ぼくはボブ・ディランのいろんな歌をくりかえし聴いた。たぶん、聴かなかったアルバムはないのではないかと思うくらい。そしてディランの音楽だけでなく、彼に勇気と影響をあたえた人々のことも思い浮かべ、絵にはそういう人々を登場させた。ここでぜんぶ説明してしまうと、読者のみなさんにとってじぶんで見つける楽しみがなくなるので、少しだけ絵の中の「どこ?」と「だれ?」を語っておきたいと思う。ディランの歌を聴きながらページをめくっていけば、きっと新しい出会いがあるにちがいない。(本文より)

4. The Lyrics 1961-1973

  • おすすめ度:★★★★★
  • 人 気 度:★★★★
  • マニアック度:★★★

あらすじ:390曲に及ぶ全自作詞を網羅。アメリカ大衆歌謡の伝統を汲みながら詩に新地平をひらき、音楽とことばの限界を超えていった現代の吟遊詩人の神髄を、レノンやピンチョンの名訳者による最高の〈対訳〉で贈る。風に舞う問いとともに雷鳴を引きつれ、血の滲む運命の道を歩みつづけた50年にわたる創作の軌跡。詩神との至福の対話がここに。(全2冊)2008年ピュリッツァー賞特別賞/2016年ノーベル文学賞

5. The Lyrics 1974-2012

  • おすすめ度:★★★★★
  • 人 気 度:★★★★
  • マニアック度:★★★

6. タランチュラ (角川マガジンズ)

  • おすすめ度:★★★★
  • 人 気 度:★★★★
  • マニアック度:★★★★★

あらすじ:幻の名作、復刊! 2016年ノーベル文学賞を受賞したボブ・ディランが23歳の時に世に問うた衝撃の処女作品。誰にも真似できない独自のイマジネーションですくいとられた現実が鮮烈に描かれる! 若きディランと片岡義男の驚愕のコラボレーション。

7. 風に吹かれて

  • おすすめ度:★★★★★
  • 人 気 度:★★★★★
  • マニアック度:★★

あらすじ:「風に吹かれて」(かぜにふかれて、英: Blowin’ in the Wind)は、ボブ・ディランのセカンド・アルバム『フリーホイーリン・ボブ・ディラン』(1963年)に収録され、シングル・カットされた楽曲。 ピーター・ポール&マリーのカバーが世界的にヒットして、作者のディランを一躍有名にした。1960年代のアメリカ公民権運動の賛歌とも呼ばれ[2]、現在に至るまでディランの作中最も愛唱されることの多い歌曲となっている。

8. 時代は変る

  • おすすめ度:★★★★
  • 人 気 度:★★★★
  • マニアック度:★★★

あらすじ:本作は1963年度作品。メッセージ色の濃い歌が並び、プロテストシンガーとして大きな話題に! 『フリーホイーリン』が爆発的なセールスを記録し、フォークの神様と揶揄されるようになる中、発表されたサード・アルバム。プロテスト・フォークシンガーとしてのディラン像を確立。〈風に吹かれて〉と並ぶ初期ディランの代表曲〈時代は変る〉をはじめ、〈神が味方〉〈いつもの朝に〉〈スペイン革のブーツ〉〈ハッティ・キャロルの寂しい死〉などは、今もライヴでよく歌われる。

ソニーミュージックエンタテインメント
¥2,000 (2022/05/16 14:18:43時点 Amazon調べ-詳細)

9. ミスター・タンブリン・マン

  • おすすめ度:★★★★
  • 人 気 度:★★★★
  • マニアック度:★★★

あらすじ:「ミスター・タンブリン・マン」(Mr. Tambourine Man)は、ボブ・ディランが作詞・作曲し、1965年に発表した楽曲。ザ・バーズのカバー・バージョンが全米1位を記録。同年から始まったフォークロックの概念を確立させた曲の一つとして知られる。

10. ライク・ア・ローリング・ストーン

  • おすすめ度:★★★★★
  • 人 気 度:★★★★
  • マニアック度:★★

あらすじ:「ライク・ア・ローリング・ストーン」「トゥームストーン・ブルース」収録! 邦題『追憶のハイウェイ61』。 ボブの最も充実した60年代中期において発表された6作目。 マイク・ブルームフィールド、アル・クーパーらの好サポートを得て、 想像力豊かなフォークロック・サウンドを披露している。 名曲「ライク・ア・ローリング・ストーン」はこのアルバムに収録。 (65年発表作 : 輸入盤)

11. 見張塔からずっと

  • おすすめ度:★★★★
  • 人 気 度:★★★★
  • マニアック度:★★

あらすじ:1967年12月27日発売のアルバム『ジョン・ウェズリー・ハーディング』に収録された。シンプルで鋭い旋律と含蓄に富む歌詞によってディランの精髄を示す作品とされ、彼のコンサートで歌われることも多い。『偉大なる復活』(1974年)、『武道館』(1978年)、『ディラン&ザ・デッド』(1989年)、『MTVアンプラグド』(1995年)などのライブアルバムにも収録されている。『偉大なる復活』のバージョンはシングル・カットされた。歌詞は『聖書』「イザヤ書」第21章の、見張り塔から馬に乗った二人の男が来るのが見えたとき、堕落したバビロンが崩壊したことを知るという逸話を踏まえており、ディランは二人の男に道化師と泥棒、見張り人に王子達を配して、彼の社会観を象徴する寓話的な内容に仕立てている。

12. ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・ボブ・ディラン

  • おすすめ度:★★★★★
  • 人 気 度:★★★★
  • マニアック度:★★★

あらすじ:ノーベル文学賞受賞記念、次世代のディラン・ファンへ入門編オール・タイム・ベスト盤。約50年間の代表曲・重要曲を2CD詰め込んだディランの軌跡! ベスト・オブ・ベスト。これまでのベスト盤の中でも、収録曲文句なし、2013最新リマスター音源を使用した現段階で唯一のベスト盤となる。ノーベル文学賞受賞を機に、ボブ・ディランの素晴らしい作品を、まだ知らない人々や若い世代に知ってもらう絶好の機会であり、次世代へボブ・ディランのレガシー(遺産)を受け継いでいくための格好のアイテム。国内盤ブックレットにはそれぞれの曲の詩から“グッとくる”格言のような短いフレーズを歌詞対訳の頭にいれて、カッコよく、わかりやすいディラン像を打ち出していく。史上最高のロックソング「ライク・ア・ローリング・ストーン」、歴史的プロテスト・ソング「風に吹かれて」、クラプトンやガンズ他様々なアーティストもカバーした「天国への扉」などの代表曲から2012年『テンペスト』収録曲まで、ほぼ入るべき曲は入っているベストといえる! 高品質Blu-spec CD2仕様。

ちょっと開いた時間に書籍を聞くサービス

たくさん本が読みたくても、なかなか時間がない人も多いのでは!

そんな時は書籍を聞くこともできます。

特に電車の中などで通勤・通学中の時間に良いと思います。

現在2ヶ月無料体験実施中なので、まずは1度試してみてください。

Amazonオーディブル

Amazonプライム Student/学生は6ヶ月無料

AmazonプライムStudentは、学生用のAmazonプライムです。

なんと、書籍のポイント還元最大10%となります。

現在、学生だと6ヶ月は無料で利用できます。

あとは、Amazonプライム映画やドラマなども、見放題なのでとても便利で使えると思います。

Amazonプライム Student(学生向け)

Amazonプライム/一般会員は1ヶ月無料

一般会員は1ヶ月無料で利用することができます。

Kindleの利用もできるので、電子書籍はめちゃ便利です。

Amazonプライム(一般向け)

さらに、Amazonファミリーがあります!

幼い子供がいる方やこれから家庭を始める方のための、Amazonプライム会員限定のサービスです。

上記の、プライム会員(年会費3,900円、税込)に申し込み、お子様の出産予定日/誕生日を登録すると、AmazonプライムとAmazonファミリーの両方の特典を受けることができます。

*Amazonプライムの年間会員費以外の追加料金はありません。

こんな記事も読まれています

シェアしてくれるとうれしいです!
ABOUT US
すむことコム管理人 シミズ
本ブログは、主コンテンツとして住居×投資×生活、副コンテンツとしてペット・パソコン&アプリ関係など、専門分野と娯楽の情報を発信しています。生活を楽しむために、お役に立てれば幸いです。