「中古マンション購入完全ガイド」連載中!

建築家 ダニエル・リベスキンドを知ろう!ベルリンユダヤ博物館など

建築家 ダニエル・リベスキンドは、ポーランド出身の建築家です。ニューヨークを拠点に活躍しており、戦争や紛争などの人間の負の側面を展示する博物館を多く設計していることでも知られています。

本記事の内容

本記事では、建築家 ダニエル・リベスキンドの略歴、代表作、書籍を紹介したいと思います。建築家 ダニエル・リベスキンドは、ポーランドから移民をして米国で活躍してきた現代を代表する建築家です。ベルリンユダヤ博物館、フリーダム・タワーなど、紛争、テロ、戦争などの人間の負の側面へ建築からアプローチしています。最初の作品が52歳のときなので、初期作品は遅いですね。それからの多くの示唆的な空間を持つ建築を設計しています。

目次

  1. 建築家 ダニエル・リベスキンドの略歴
  2. 建築家 ダニエル・リベスキンドの代表作 紹介
    • 2001 ベルリンユダヤ博物館
    • 2001 帝国戦争博物館
    • 2002 ワールド・トレード・センター・マスタープラン
  3. 建築家 ダニエル・リベスキンドの書籍 紹介
  4. まとめ

1.建築家 ダニエル・リベスキンドの略歴

建築家 ダニエル・リベスキンドは、1946年にポーランドのウッチで生まれました。

2001年にオープンしたドイツのベルリンにあるユダヤ博物館の設計で知られています。代表作としては、ワールド・トレード・センターのマスタープラン、アメリカ合衆国のデンバー美術館、イギリスのマンチェスターの帝国戦争博物館、イギリスのロイヤルオンタリオ博物館のマイケルリーチンクリスタルなどがあります。

リベスキンドの両親はユダヤ人でホロコーストの生存者です。1959年にアメリカイスラエル文化財団の奨学金を獲得し、アメリカへ移住しました。ブロンクス科学高校に通い、1965年に米国市民になります。1968年にはリチャード・マイヤーの事務所に通い、1970年にクーパーユニオンで建築学の学位を取得しました。その後、1972年にエセックス大学で歴史と建築理論の大学院の学位を取得しました。

リベスキンドは、建築理論家としてキャリアをスタートしました。1978年から1985年までクランブルック・アカデミー・オブ・アートの建築部門のディレクターを務め、実践的な建築のキャリアは1980年代後半からです。

1998年に、リベスキンドは52歳で最初の建物であるフェリックス・ヌスバウム・ハウス(ドイツ)を設計し竣工しました。

これに先立ち、ベルリンユダヤ博物館を含む最初の4つのプロジェクトコンペティションで優秀賞をとり、特に実現したベルリンユダヤ博物館は国際的に高く評価されました。これはリベスキンドの最初の国際的な成功でした。

また、リベスキンドは、2001年9月11日の攻撃で破壊された世界貿易センターの再建のマスター・アーキテクトとして選ばれたことで世界的にも有名です。スタジオ・ダニエルリベスキンドは、ニューヨークのワールドトレードセンターに本社を置き、現在、世界中で40以上のプロジェクトに取り組んでいます。

またリベスキンドは建築プロジェクトに加えて、多くの国際的なデザイン会社と協力して建物のインテリア用のオブジェクト、家具、産業用備品を開発してきました。それはフィアム、アルテミデ、ジャグジー、スワロフスキーなどの会社です。

リベスキンドの建築には賛美もある一方でしばしば厳しい批判の対象にもなっています。批評家はリベスキンドの作品を​​非構造主義と表現し、ギザギザのエッジ、鋭角、および曲がりくねった形状を場所と文脈を無視する決り文句的なデザインと批評しています。

2.建築家 ダニエル・リベスキンド代表作 紹介

2001 ベルリンユダヤ博物館

ベルリンユダヤ博物館は2001年にオープンしたヨーロッパ最大のユダヤ博物館です。 3つの建物で構成されています。そのうち2つは、建築家ダニエルリベスキンドによって博物館のために特別に建てられた新しい建物です。 バロック様式の古い建物である「コレジアンハウス」(以前はベルリン博物館だった)と、リベスキンドによる新しい非構成主義スタイルの建物です。 2つの建物は、地下通路を介してのみアクセスできます。

ベルリンの壁が崩壊する1年前に作成された新しいデザインは、博物館の基礎を形成した3つの概念に基づいていました。最初に、ベルリンの多大な知的、経済的、文化的貢献の理解です。これらを精査せずにベルリンの歴史を理解することは不可能です。第二に、ホロコーストの意味をベルリンの街の記憶に肉体的にも精神的にも統合する必要性です。第三に、このホロコーストにおける出来事を人間の未来につなげるためには、ベルリンでのユダヤ人の生活の統合をベルリンとヨーロッパの歴史に位置づける必要性です。

地下室では、訪問者は最初に軸として3つの交差する斜めの廊下に遭遇します。ここでは、リベスキンドの最初の建物(フェリックスヌスバウムハウス)との類似性が明らかです。

ベルリンでは、3つの軸がドイツでのユダヤ人の生活の3つの道を象徴しています。ドイツの歴史の継続、ドイツからの移民、ホロコーストです。

ドイツの歴史という1番目の軸である入り口からはいり、2番目の軸は、博物館を亡命の庭に接続します。3番目の軸は、博物館からホロコーストタワーまで延びています。ホロコーストタワーは、高さ24 mの空のサイロです。むき出しのコンクリートタワーは加熱も冷却もされておらず、唯一の光は屋根の小さなスリットからのものです。ベルリンのユダヤ博物館は、リベスキンドの最初の国際的な成功といえます。

2001 帝国戦争博物館

帝国戦争博物館は、インペリアル・ウォー・ミュージアム・ノース(IWMノースとも呼ばれる)は、イギリスのマンチェスターにある博物館です。帝国戦争博物館の5つの支部の1つであり、現代の紛争が人々や社会に与えた影響を調査しています。

博物館は、第二次世界大戦中に主要な産業の中心地であった1940年のマンチェスターブリッツ中に爆撃されたトラフォードパークのマンチェスター船運河を見下ろす場所にあります。

博物館の建物は、建築家ダニエル・リベスキンドによって設計され、2002年7月に竣工しました。脱構築主義建築の代表的な例といえます。

リベスキンドは、「3つの連動する破片で構成される星座」を想定し、各破片は紛争によって粉々になった想像上の地球の残骸であるとしました。これらの破片は、空気、土、水を表しており、それぞれが美術館の機能的に異なる部分を形成しています。

2002 ワールド・トレード・センター・マスタープラン

元の世界貿易センターがテロによって破壊された跡地に、世界貿易センターの再建が議論され2002年にオープンな建築コンペが開催され、ダニエル・リベスキンドのデザインが選ばれました。

この設計は、主に当時世界貿易センターの敷地を保持していた開発者のラリー・シルバースタインとの意見の相違が原因で多くの変更が行われました。

初期の計画では、オフィススペースやその他の設備用に指定されたフロアの数が限られているという批判がありました。居住可能だったのは82階のみで、再建された世界貿易センター複合施設の総オフィススペースは元の複合施設と比較して280,000 m2以上削減されていました。その後の設計では、最も高い占有床が元の世界貿易センターに匹敵するようになり、屋外の格子が計画から削除されました。

フリーダムタワーの最終設計は、2005年6月28日に正式に発表されました。リベスキンドの当初の計画とは対照的に、タワーの最終的なデザインは、上昇するにつれて八角形に先細りになっています。

3.建築家 ダニエル・リベスキンドの書籍 紹介

ブレイキング・グラウンド―人生と建築の冒険

建築家ダニエル・リベスキンド書籍「Breaking Ground」の翻訳版です。設計に関する思考と、それを形にしていくプロセスがよく分かります。作品集では詳細に語られない建築家ダニエル・リベスキンドの思考法が分かります。

ベルリン・ユダヤ博物館で知られる建築家ダニエル・リベスキンドが、グラウンド・ゼロのコンペで勝利を勝ち取るまでのすべて。建築家とその一族の波乱に満ちた歴史と、その想像力と手法の源泉を語りつくす。

内容(「BOOK」データベースより)Amazonより

4.まとめ

建築家 ダニエル・リベスキンドは、ベルリンユダヤ博物館を代表として、隠喩と換喩に満ちた新しい機能を持った建築を作っています。特に初期の作品は、思慮深く建築空間とその意味付けが検討されています。機会があったら、建築をよく調べてから行ってみることをおすすめします。

注意説明 公共建築以外の場所の特定は行っていません。個人の所有物である住宅は、場所の特定をしないように配慮しております。ご了承くださいませ。

こんな記事も読まれています

シェアしてくれるとうれしいです!