おすすめ記事「中古マンション購入完全ガイド」連載中です!

建築家 カール・フリードリッヒ・シンケルを知ろう!アルテス・ムゼウムなど

建築家 カール・フリードリッヒ・シンケルは、プロイセン王国出身の建築家です。近代建築へ繋がる過渡期の新古典主義建築家としても知られています。

本記事の内容

本記事では、建築家 カール・フリードリッヒ・シンケルの略歴、代表作、書籍を紹介したいと思います。建築家 カール・フリードリッヒ・シンケルは、プロイセン王国出身で、プロイセンお抱えの建築家として多くの公共建築を作りました。しかし、当初は画家を目ざしていたので、シンケルを探すと多くの絵画作品が検索されます。この画家としての側面も調べてみると結構面白いです。建築と画家は、コルビジェ、ジャン・ヌーベル、スティーブン・ホールもそうだったように、結構つながっていますね。

気になる建築家・デザイナーはいつ生まれたのだろう?誕生年からみる歴史

目次

  1. 建築家 カール・フリードリッヒ・シンケルの略歴
  2. 建築家 カール・フリードリッヒ・シンケルの代表作 紹介
    • 1816 ノイエ・ヴァッヘ
    • 1818-1821 ベルリン王立劇場
    • 1824-1828 アルテス・ムゼウム
  3. 建築家 カール・フリードリッヒ・シンケルの書籍 紹介
  4. まとめ

1.建築家 カール・フリードリッヒ・シンケルの略歴

建築家 カール・フリードリッヒ・シンケルは、1781年にプロイセンのブランデンブルク州で生まれました。18世紀ドイツの新古典主義建築を代表する建築家です。ベルリンなどの都市計画・設計においても活躍し、また画家、舞台美術家としても知られています。絵画は特に有名です。

シンケルは、建築家フリードリッヒ・ジリー(1772〜1800)の下で建築を学びます。1803年から1805年にイタリア、フランスに留学します。1805年にベルリンに戻った後、シンケルは画家として生計を立てます。

1810年のベルリンの美術展で、霧の海の上のキャスパー・デビッド・フリードリッヒの絵画「ワンダラー」を見たとき衝撃を受けて、画家としては大成できないと判断して建築に目を向けました。

キャスパー・デビッド・フリードリッヒ
Wanderer above the Sea of Fog

ナポレオンが敗北したのち、シンケルはプロイセン王国の建築委員会の監督となります。つまりプロイセン王室のお抱え建築家となりました。

これによって、シンケルはまだ比較的小都市であったベルリンをプロイセンの首都に再改革する責任を負っただけでなく、西のラインランドから東のケーニヒスベルクまでのプロイセン地域でのすべてのプロジェクトを監督しすることになりました。

1808年から1817年に、シンケルはコーブルクのロゼナウ城をゴシック・リバイバル・スタイルで改装しました。また、廃墟であったコーリン修道院を再建しました。

彼の最も有名な現存する建物はベルリンとその周辺にあります。ノイエ・ヴァッヘ(1816〜1818年)、解放戦争の国定公園(1818〜1821年)、ジャンダルメン・マルクトのシャウシュピールハウス(1819〜1821年)などです。

また、アルテス・ムゼウム(1823〜1830)を設計し、皇太子宮殿とシャルロッテンブルク宮殿の改良も行いました。

シンケルのスタイルは、ローマ建築ではなくギリシャを引用する新古典主義です。これは、フランスの占領者に関連しているスタイルから離れようとする試みでもありました。

したがって、シンケルは当時ギリシャのリバイバルの支持者であり、建築に魂を持つためには、「建物には詩的かつ過去の要素が含まれる必要がある」と信じていたそうです。

その後、シンケルは古典主義から完全に遠ざかり、フリードリヒ・スヴェルダー教会(1824–1831)でネオゴシック様式を採用しました。彼の最も革新的な建物であるシンケルの建築アカデミー館 (Bauakademie 1832〜1836)は、歴史主義の慣習を完全に避けて、20世紀初頭の「近代主義」建築への道を示しているかのようです。

その意味で、シンケルはギリシア建築に倣った新古典主義建築ですが、建築アカデミー館、アルテス・ムゼウム(Altes Museum)にも見られる幾何学的、厳格で端正なデザインが、モダニズム建築の美学に通じると評されています。

特に、モダニズムの建築の旗手であったフィリップ・ジョンソンは、最も影響を受けた建築家のひとりとしてシンケルの名前を挙げています。

またシンケルの理論的研究と建築案では、実作と同じくらい注目されています。アテネのアクロポリスを新しいギリシャ王国の王宮に変換する計画、クリミアのオリアンダ宮殿の建立計画が有名です。

一方で、フランスの占領とプロイセン王への依存という困難な政治的状況が、彼の早逝に導いたのかもしれません。その早い死のために、19世紀後半に爆発的なドイツの工業化を見ることができませんでしたが、もしシンケルが生きていたらどう思ったでしょうか。

シンケルは、1841年にブランデンブルク州ベルリンで60歳で亡くなります。

2.建築家 カール・フリードリッヒ・シンケル代表作 紹介

1816 ノイエ・ヴァッヘ

ノイエ・ヴァッヘは、ベルリンの中心部にあるウンターデン・リンデン大通りにあります。 プロイセンのフレデリック・ウィリアム3世は、1816年から1818年にかけて王宮の守衛所として計画しました。

これは、ベルリンで最初のシンケルの主要な建築であり、プロイセンの新古典主義建築の主要な作品と考えられています。

ヨハン・ゴットフリート・シャドウによるビクトリアの救済と、クリスチャン・ダニエル・ラウフによる5つの彫像が有名で、1993年以来、ノイエ・ヴァッヘは「ドイツ連邦共和国中央戦争記念碑」の本拠地となっています。

彫像はナポレオン戦争におけるプロイセンの勝利の記念を意図しており、ドイツでは解放戦争の記念碑として知られています。勝利の女神、戦いを決めるニケが描かれています。

この建物は、4つの巨大な塔リサリットと、土台のないギリシャ形式のドリス式柱の柱廊が特徴です。ドリス式のトリグリフとガッタは省略されています。シンケルは彼のデザインについて次のように書いています。

「四方が自由でこの完全に露出した建物の計画は、ほぼローマにある城の形のようだ。4つの頑丈な塔と中庭をもっている。」

この建物は、第一次世界大戦が終わり1918年から1919年のドイツ革命で君主制が崩壊するまで、王室の番所として機能しました。

1931年、建築家ハインリッヒ・テッセノウは、プロイセン自由国家から第一次世界大戦で亡くなった人々を記念する記念館としてノイエ・ヴァッヘを再設計するように依頼され、テッセナウは、内部を黒御影石のブロックを中心とした記念ホールに改造しました。

また、彫刻家ルートヴィヒ・ギースが設計したオークの花輪を、オクルス(円形の天窓)の下に配置しました。 その後ノイエ・ヴァッヘは、「プロイセン州政府の記念碑」として知られるようになります。

その後、ナチ党とドイツ国防軍が開催する祭典の開催地として重要な役割を果たしました。 ノイエ・ヴァッヘは、第二次世界大戦の最後の数か月のベルリンの戦いの際、爆撃と砲撃によって大きな被害を受けました。

戦後、ノイエ・ヴァッヘのあるミッテ地区は連合軍のソビエト地区にあり、1949年からはドイツ民主共和国(GDR)の首都である東ベルリンの一部でした。

1957年から共産党当局はノイエ・ヴァッヘを再建させ、1960年に「ファシズムと軍国主義の犠牲者への追悼」として再開しました。1969年、GDRの20周年として、永遠の炎を備えたガラスプリズム構造がホールの中央に配置されました。

ドイツの統一後、ノイエ・ヴァッヘは「戦争と独裁者の犠牲者のためのドイツ連邦共和国中央記念館」として、1993年に再び再開しました。

1816 ノイエ・ヴァッヘ 建築家 カール・フリードリッヒ・シンケル
wikipedia

コール首相の提案により、GDRの記念品は削除されケーテコルヴィッツの彫刻に置き換えられました。ピエタ様式の彫刻はオクルスの下に直接配置されているため、ベルリンの気候の雨、雪、寒さにさらされ、第二次世界大戦中の民間人の苦しみを象徴しています。

1816 ノイエ・ヴァッヘ 建築家 カール・フリードリッヒ・シンケル
wikipedia

1818-1821 ベルリン王立劇場

シャウシュピール・ハウス(1821年:ロイヤルシアター、1919年:プロイセン州立劇場、1984年以降:コンツェルトハウスベルリン)は、ミッテのベルリン地区にあります。

1818年から1821年の間にシンケルによって建てられ、ドイツの古典主義の主要な作品の1つです。第二次世界大戦で焼失しましたが、1976年から1984年までに忠実に復元され、コンサートホールとして再開しました。

1818-1821 ベルリン王立劇場 建築家 カール・フリードリッヒ・シンケル
ロイヤルシアターのためのカールフリードリヒシンケルの設計図


1817年にフリードリヒ・ヴィルヘルム3世は、シンケルに新しい建物を発注しました。

計画にあたって、シンケルは焼失した劇場のすべての再利用可能な部分、つまり、基礎全体、石積みの部分、正面玄関前の柱廊の柱を使用する必要がありました。

1818-1821 ベルリン王立劇場 建築家 カール・フリードリッヒ・シンケル

ブルジョアのための劇場として構想された新しい劇場は、3000席の王立歌劇場と区別し1200席としています。

実際の劇場の運営に必要な部屋は、できるだけ経済的に運営できるように、コンサートやボールルームだけで貸し切ることもできました。

防火設備も準備され、貯水池と水を持ち上げる機械もあり、また部屋を暖める安全な暖炉もあり、設備的な改善がなされています。

紀元前320年に建てられたアテネのトラシロスの記念碑が、ファサードのデザインのモデルとなりました。シンケルはそれについて次のように書いています。

「私が建物に与えた建築様式に関して、私は一般に、ギリシャの形式と建設方法に従ったことだけに気づいた。アーチ型の線は、外側と内部のメインルームでは避けられています[…]そして、ピラスターの構造[…]は、公共の建物の特徴に対応しており、メインのファサードとより調和しているように見えました、通常の窓よりも多くの光が建物に得られるという利点がありますが、かなりの深さのために内部を照らすことは非常に困難でした。」

シンケルは劇場として大きな窓の表面を持つ構造を作成しています。これが、機能主義的な建築家によって再度見直され、新ケルは20世紀初頭から始める近代建築の先駆者と見なされました。

1818-1821 ベルリン王立劇場 建築家 カール・フリードリッヒ・シンケル
wikipedia

1824-1828 アルテス・ムゼウム

アルテス・ムゼウムは、ベルリンの歴史的中心部にあるムゼーウムス島にある指定建造物で、ユネスコ世界遺産の一部となっています。プロイセンのフレデリックウィリアム3世の命により1825年から1830年にかけて、シンケルの計画に従って建設されました。

ドイツの新古典主義建築の主要な作品です。東はベルリン大聖堂、南はベルリン宮殿、西はゼウガハウスに囲まれています。

19世紀初頭、ドイツのブルジョアジーは経済的な背景から自信に満ちあふれており、アートに関する新しいアイデアを受け入れ始め、アートは一般に公開されるべきであるという信念を共有していました。市民は包括的な文化教育にアクセスできるべきであるという概念が社会に浸透し始めたのです。

プロイセンのフリードリヒ・ヴィルヘルム3世は、こうした理想の強力な支持者でもあったので、シンケルに王立美術コレクションの公共博物館としてケーニグリッシュ博物館(その後アルテス・ムゼウム)の計画を任せました。

シンケルの計画は、古典的な様式の建物を望んだ皇太子、後にフリードリヒ・ヴィルヘルム4世の影響を受けています。なんと皇太子は、古典的な柱廊で飾られた大きなホールの鉛筆スケッチをシンケルに送りさえしたそうです。

1824-1828 アルテス・ムゼウム 建築家 カール・フリードリッヒ・シンケル

シンケルの計画では、南のシュタットシュロスは世俗的な権力の象徴であり、西のゼーグハウスは軍事力を表して、東のベルリン大聖堂は神の権威の体現しているとして、庭園の北にあるこの博物館は、人々の教育を提供するためのものであり、科学と芸術の象徴としました。

正面には、壮大なスタイルのシンプルな柱状のホールがあり、場所の重要性に比例し建物の特徴を確実に示しています。 18本のイオニア式柱の配置は、この敷地にふさわしい外観を博物館の建物に与えるための機能を備えています。

1824-1828 アルテス・ムゼウム 建築家 カール・フリードリッヒ・シンケル

1841年、フリードリヒ・ヴィルヘルム4世は国王令で、ムゼーウムス島の北部全体を芸術と科学の聖域とすると発表しました。 1845年、ノイエス・ムゼウム(新博物館)が完成すると、ケーニグリッシュ博物館は、アルテス・ムゼウムに改名されました。

そして王室任命委員会は、絵画や版画、絵画、古代ギリシャの古典的な彫刻を含む「ハイアート」のみを展示することにしました。

ムゼーウムス島は、1855年のノイエス博物館(新博物館)の後も、ヨハン・ハインリッヒ・トラック(1876年)による国立美術館(現在はアルテ国立美術館)、シュテュラー(1904年)によるカイザーフリードリヒ美術館(現在のボデミュージアム)、そしてアルフレッド・メスセルによるペルガモン博物館ができていきます。

アルテス・ムゼウム、第二次世界大戦が終わる直前にタンクローリーが爆発し、ひどく損傷しました。玄関と玄関の裏壁を飾っていたシンケルとピーターコルネリウスが設計したフレスコ画はほとんど失われました。

1824-1828 アルテス・ムゼウム 建築家 カール・フリードリッヒ・シンケル

アルテス・ムゼウムは、1951年から1966年にかけて復興され、シンケルの設計に従いロタンダの壁画は1982年に復元されました。

ただし、1階の展示室の華やかな天井も桁の下の柱も復元されませんでした。

ノイエス博物館との以前のつながりも再建されていません。代わりに、2015のムゼーウムス島大改修の一環として、ミュージアムアイランドのすべての美術館を結ぶ地下通路が計画されています。

3.建築家 カール・フリードリッヒ・シンケルの書籍 紹介

Karl Friedrich Schinkel (Basic Art Series 2.0)

これは、私の好きなタッシェンの書籍です。価格にわりに内容が充実しているのが好きなのです。写真も文章も充実しているので、シンケル入門書としておすすめです。

With an eye for detail as much as expanse, Karl Friedrich Schinkel (1781–1841) made his name as an architect and urban planner, a painter, and as a designer of both furniture and stage sets. His work was so admired by King Frederick William III that Schinkel acted as state architect of Prussia for nearly his entire career, creating major landmarks in Berlin, including the National Theatre and the Altes Museum. Much of Schinkel’s most famous work adopted Neo-Classical aesthetics, drawing upon Ancient Greek paradigms rather than those of Imperial Rome. He would subsequently turn to a Neo-Gothic style, as seen in the elegant windows and soaring nave of Berlin’s Friedrichswerder Church. Later, Schinkel would adopt an unusually streamlined, red brick façade in the Academy of Architecture, now considered a forerunner of modern architecture. Considered a genius by contemporaries, Schinkel now gets the TASCHEN treatment with this richly illustrated introduction to his expansive œuvre and commitment to beautiful form and function.

Amazonより
Karl Friedrich Schinkel (Basic Art Series 2.0)
Karl Friedrich Schinkel (Basic Art Series 2.0)
Karl Friedrich Schinkel (Basic Art Series 2.0)
Karl Friedrich Schinkel (Basic Art Series 2.0)

4.まとめ

建築家 カール・フリードリッヒ・シンケルは、プロイセンの新古典主義建築を代表する建築家のひとりです。しかし、その極めて精緻な作りと機能性への追求は、近代建築につながる大きな過渡期と見ることもできます。モダニズムの建築の旗手であったフィリップ・ジョンソンが、最も影響を受けた建築家のひとりとしてシンケルの名前を挙げているのも面白いですね。

注意説明 公共建築以外の場所の特定は行っていません。個人の所有物である住宅は、場所の特定をしないように配慮しております。ご了承くださいませ。

気になる建築家・デザイナーはいつ生まれたのだろう?誕生年からみる歴史

直近30日間の人気記事トップ10件

  1. Googleフォームの回答受付と閉鎖を時間指定する方法を知ろ... 645件のビュー | 2020/08/05 に投稿された
  2. 建築設計や大工の専門用語を英語でいうとどうなる?建築設計用語... 224件のビュー | 2019/10/28 に投稿された
  3. 建築家 菊竹清訓を知ろう! スカイハウス/メタボリズム(全作... 112件のビュー | 2020/02/10 に投稿された
  4. 建築家 吉村順三を知ろう! 軽井沢の山荘/俵屋など... 105件のビュー | 2020/04/24 に投稿された
  5. 建築家 増沢洵を知ろう! 最小限住居/コアのあるH氏のすまい... 57件のビュー | 2020/06/06 に投稿された
  6. 建築家 ミース・ファン・デル・ローエを知ろう! ファンズワー... 50件のビュー | 2020/06/06 に投稿された
  7. 建築家 ジョサイア・コンドルを知ろう! 鹿鳴館/三菱一号館な... 49件のビュー | 2020/06/21 に投稿された
  8. 建築家 丹下健三を知ろう! 世界のTANGE(全作品リストあ... 48件のビュー | 2020/02/21 に投稿された
  9. 建築家 谷口吉生を知ろう! ニューヨーク近代美術館新館など... 47件のビュー | 2020/05/25 に投稿された
  10. 建築家 アントニン レーモンドを知ろう! 自邸/夏の家/ピア... 45件のビュー | 2019/12/16 に投稿された

こんな記事も読まれています

シェアしてくれるとうれしいです!