おすすめ記事「中古マンション購入完全ガイド」連載中です!

建築家 アントニン レーモンドを知ろう! 自邸/夏の家/ピアノなど

アントニン レーモンドは、チェコ出身で米国のフランク・ロイド・ライトのタリアセンで学んだ建築家です。フランク・ロイド・ライトが帝国ホテルを設計する際に来日して、その後は日本で設計活動を開始しました。日本の近代の建築界に極めて大きな影響を残しています。

本記事の内容

本記事では、建築家アントニン レーモンドの略歴、代表作、書籍を紹介したいと思います。アントニン レーモンドは、建築だけでなく、家具や、なんとピアノまでデザインしています。現在もアントニン レーモンドの思想は、レーモンド事務所に受け継がれています。

目次

  1. 建築家 アントニン レーモンドの略歴
  2. 建築家 アントニン レーモンドの作品
    • 自邸
    • 移築されたアントニン・レーモンド自邸リビングルーム
    • 旧井上房一郎自邸
    • 夏の家 軽井沢
    • イタリア大使館中善寺保養所 軽井沢
  3. 建築家 アントニン レーモンドの書籍 紹介
  4. 建築家 アントニン レーモンドが設計した幻のピアノ
  5. まとめ

1.アントニン レーモンドの略歴

アントニン レーモンドはチェコのクラドノ生まれです。プラハ工科大学出身。1910年にアメリカへ移住して、姓をレーモンド (Raymond) に改姓しています。フランク・ロイド・ライトの事務所に入所して、1919年、帝国ホテル設計としてライトの助手として来日したのが日本とのつながりの最初です。

1922年にフランクロイドライトから独立して、レーモンド事務所を開設します。日本では、聖路加国際病院をベドジフ・フォイエルシュタイン(Bedřich Feuerstein、オーギュスト・ペレの弟子)と共同設計します。またオーギュスト・ペレ設計のル・ランシーの教会堂を参考にしたと言われる東京女子大学礼拝堂を設計しています。

また、有名なものには軽井沢のイタリア大使館中善寺保養所があります。これは、一般公開しているので誰でもみられます。内装はレーモンド夫人の影響が強いと言われる市松調模様があり、平面プランニングも面白いです。日本家屋の中に欧米生活様式を入れ込んだ独特のディテールはレーモンドスタイルと言われます。

前川國男、吉村順三、ジョージ・ナカシマなどの日本を代表する建築が、レーモンド事務所出身です。

建築家 吉村順三を知ろう! 軽井沢の山荘/俵屋など

第二次世界大戦後の1947年に再来日します。パシフィックコンサルタンツを共同設立して、設計事務所を作り、建築学会賞となるリーダーズダイジェスト東京支社の設計をします。戦後のレーモンド事務所では、増沢洵なども学んでいます。

戦後の日本に近代建築に大きな影響を残した建築家といえるでしょう。また「レーモンド設計事務所」は現在も設計活動を行なっています。

2.アントニン レーモンド代表作 紹介

レーモンド自邸

アントニン レーモンドの自邸兼事務所は麻布に1951年に建てられました。その後、1978年に取り壊されるまでの27年間、麻布の笄町に存在していました。敷地は約600坪という広大な場所で、現在のレーモンド事務所はその敷地内にあります。

実はこの自邸県事務所の資材は、リーダースダイジェストの施工の際に、施工のための利用した資材を再利用したものです。今でいうリサイクルですが、この思想と行動がレーモンドの人柄を物語っているように思います。

丸柱を挟んで、登り梁がありますが、これは1本の柱を二つに割ったものです。丸柱を挟んでボルトで締めています。また、建具は芯を外す独自のスタイルです。この形式を「レーモンド・スタイル」と呼びます。

レーモンド自邸

移築されたアントニン・レーモンド自邸リビングルーム

1978年に取り壊された一部、リビングルームだけが現在のレーモンド事務所の屋上に移築されています。一般公開はされていないので、たまたまレーモンド事務所に行く機会がありましたら、担当者に見学を頼んでみましょう!私もみたことがないので、ぜひともみてみたいです。

レーモンド事務所のサイトよりメモリアルルーム

旧井上房一郎自邸

群馬県高崎市の実業家井上房一郎の自邸は、もう一つのレーモンド邸とも言えるものです。井上房一郎の自宅が焼失したのちに、井上房一郎はレーモンドから図面の提供を受けてレーモンド邸のレプリカを作成します。完全なレプリカではなく、東西が逆になり、当然ながら事務所スペースはなくて居住スペースのみのレプリカです。

現在は、高崎市に寄付されて、高崎市美術館の中で一般公開されています。これは一見の価値ありです。行ってみると、すばらしい空間が広がっています。平屋の家ってこんなにいいものなんだと、実感できます。

夏の家 軽井沢

夏の家 軽井沢
Summre House

アントニン レーモンド設計の夏の家です(長野県軽井沢町、1933年)。元々はアントニン レーモンドの夏の事務所としても使われていました。その後、日本火災海上宿泊施設として使用され、軽井沢タリアセン敷地内に移築されました。現ペイネ美術館として一般公開されています。

イタリア大使館中善寺保養所 日光

イタリア大使館保養所は、アントニン レーモンドの設計の傑作の一つです。イタリア大使とその家族が別邸として使用していました。1階は、暖炉のある食堂と書斎が中央にある居間を通して繋がるワンルームの仕様となっていて、とても開放的です。2階は主に寝室です。

杉皮張りで仕上げられた内外装は、レーモンドの夫人の影響が大きいと言われています。

3.アントニン・レーモンドの書籍 紹介

自伝 アントニン・レーモンド

2007年に再販されました。レーモンドについて知るための最高の一冊です。

トラスや母屋材には和風の丸太架構技術を使い、本来の正直さ、率直さ、単純さ、特に経済性を取り込むことができた。これは、その当時の疲弊した日本にとって最も重要なことでもあった。(本書より)

4.アントニン レーモンドが設計した幻のピアノ YAMAHA G2B

アントニン レーモンドがヤマハ東京支店(銀座 1951年)を設計した時に、竣工記念としてピアノをデザインしました。

YAMAHA G2Bです。

この機種は、限定で販売されたため、極めて希少なモデルです。中古市場でも出回っていますが、程度の良いものはなかなか出てきません。

もし、YAMAHA G2Bで良いものが出た場合は、試し弾きをしてから買うようにしましょう。

以下のサイトでも購入できます。

YAMAHA G2B アントニン・レーモンドモデル

アントニン レーモンドが設計した幻のピアノ YAMAHA G2B
JPSより転載

5.最後に


アントニン レーモンドは日本の近代建築に多大な影響を与えた建築家です。自伝を読むとそのレーモンドも、フランクロイドライトからの影響が大きかったため、その影響から抜け出すのに苦労したと書いています。今の日本の建築を考える上で欠かせない人物の一人です。見学できる建築も多いので、是非行って体験してみてください。時代を背負った建築家の意気込みが、外観にも、内観にも、ディテールにも伝わってきます!


注意説明 公共建築以外の場所の特定は行っていません。個人の所有物である住宅は、場所の特定をしないように配慮しております。ご了承くださいませ。

こんな記事も読まれています

シェアしてくれるとうれしいです!