「中古マンション購入完全ガイド」連載中!

建築家 内田祥三を知ろう! 安田講堂/東大総合図書館など

建築家 内田祥三は、東京深川出身の建築家です。東京大学の安田講堂を弟子の岸田日出刀と設計した建築家としても知られています。

本記事の内容

本記事では、建築家 内田祥三の略歴、代表作、書籍を紹介したいと思います。建築家 内田祥三は、日本の近代を代表する建築家です。まさに日本が近代化に向かっている時代に、初期の世代であった伊東忠太らの流れを次の世代に引き継ぐ重要な位置付けです。代表作は安田講堂で、ゴシック調の極めて象徴的な建築を設計しています。

目次

  1. 建築家 内田祥三の略歴
  2. 建築家 内田祥三の代表作 紹介
    • 1925 安田講堂
    • 1928 東大総合図書館
    • 1937 港区立郷土歴史館(旧公衆衛生院)
  3. 建築家 内田祥三の書籍 紹介
  4. まとめ

1.建築家 内田祥三の略歴

建築家 内田祥三は、1885年に東京深川で生まれました。

1907年に東京帝国大学工科大学建築学科を卒業したのち、三菱合資地所部(現三菱地所)に入社します。そこでは、多くのオフィスビル等の設計を行います。1910年に東京帝国大学大学院へ進み、佐野利器を師としてコンクリート及び鉄骨構造を研究します。

1916年に東京帝国大学助教授となり、1921年に教授となります。

佐野利器による建築構造の考え方を引き継ぎ、構造、防災、都市計画、文化財修復などの領域で多くの業績を残します。

1923年の関東大震災後の東京帝大のキャンパス復旧を主導し、正門から続く明快な軸線を導入しています。また「内田ゴシック」といわれるデザインを用いた数多くのキャンパス内の建物を設計しました。 1935年に日本建築学会会長を務め、1943年に東京帝国大学総長に就任します。

代表作は東京大学大講堂(安田講堂)です。1925年竣工で、弟子であった岸田日出刀との共同設計です。

また子息も建築家の内田祥文、内田祥哉です。1972年に87歳で亡くなります。

2.建築家 内田祥三代表作 紹介

1925 安田講堂

安田財閥の創始者である安田善次郎の寄付により建設された東京大学の大講堂です。内田祥三が基本設計を行い、弟子の岸田日出刀が詳細設計と監理を担当しました。

内田祥三の構造の師である佐野利器らが協議員となっています。この内田の力強いゴシック調のデザインは特徴的ですね。

1928 東大総合図書館

東京大学総合図書館は、東京大学キャンパスの中心となる図書館です。現在は1928年に竣工した内田祥三設計の本館と、2017年竣工の学習スペース「ライブラリープラザ」からなっています。

縦のラインを強調した本棚に整列した書籍をイメージさせるような外観は特徴的です。また外壁のレリーフは、新海竹蔵によって1930年に制作されました。

淡褐色のスクラッチタイルの外壁、ゴシック調のアーチをもつ入口などは、他の内田祥三設計の建物群と調和しています。

1937 港区立郷土歴史館(旧公衆衛生院)

1923年の関東大震災後に、米国ロックフェラー財団から災害地復興援助の申し出があり国立公衆衛生院は建設されたました。国立公衆衛生院はロックフェラー財団から日本政府への寄贈です。そのため、国立公衆衛生院は教育機関としての機能も受け持つことが期待され、「School of Public Health(公衆衛生大学院)」として海外では紹介されてきました。

2002年に組織改組が行われ、旧建物は港区立郷土歴史館として開放されています。

3.建築家 内田祥三の書籍 紹介

内田祥三先生作品集(眉寿祝賀記念)

安田講堂など東大キャンパス内の主要な建物を設計した大家・内田祥三の作品集です。残された本は意外と少ないので、こちらはもし古本で見つけたら購入しておきましょう!

附録「医学部附属医院南側立面図」付

東京帝国大学営繕部長も兼務し、多くの後進を育てた、内田祥三の作品集。一連の「内田ゴシック」といわれるデザインパターンの建物に、住宅、都市計画、卒業設計などを掲載。

目次 献呈の辞 戸田利兵衛

序 内田祥三

内田先生を語る 高尾直三郎・矢野一郎

建築家としての内田先生 土岐達人 浜田稔 武藤清 渡辺要 平山嵩 星野昌一 関野克 高山英華 松下清夫

内田先生の略歴と業績 松下清夫

建築作品 解説 村松貞次郎

都市計画作品 解説 高山英華

内田先生と建築防災 村松貞次郎 作品譜

あとがき 土岐達人

Amazonより

4.まとめ

建築家 内田祥三は、日本の近代を代表する建築家です。最初に、建築家の内田祥文、内田祥哉って聞いた時に迷ってしまったことを思い出します。二人は内田祥三の御子息で共に著名な建築家ですね。

注意説明 公共建築以外の場所の特定は行っていません。個人の所有物である住宅は、場所の特定をしないように配慮しております。ご了承くださいませ。

こんな記事も読まれています

シェアしてくれるとうれしいです!