おすすめ記事「中古マンション購入完全ガイド」連載中です!

建築家 バックミンスター・フラーを知ろう! ジオデシック・ドームなど

建築家 バックミンスター・フラーは、米国のマサチューセッツ州出身の建築家、思想家、デザイナーです。ジオデシック・ドームを普及させた建築家としても知られています。

本記事の内容

本記事では、建築家 バックミンスター・フラーの略歴、代表作、書籍を紹介したいと思います。建築家 バックミンスター・フラーは、米国のマサチューセッツ州出身の建築家です。「宇宙船地球号」の著者としても知られています。バックミンスター・フラーは、地球上にある資源が有限であり、そうした資源の適切な使用方法、地球環境などを考えたときに、国境を超えて地球を言わば閉じた宇宙船にたとえています。、バックミンスター・フラーの建築実践の全体が、こうした概念に集約されているように思います。

気になる建築家・デザイナーはいつ生まれたのだろう?誕生年からみる歴史

目次

  1. 建築家 バックミンスター・フラーの略歴
  2. 建築家 バックミンスター・フラーの代表作 紹介
    • 1928 ダイマクシオン・ハウス
    • 1940s ジオデシック・ドーム
  3. 建築家 バックミンスター・フラーの書籍 紹介
  4. まとめ

1.建築家 バックミンスター・フラーの略歴

建築家 バックミンスター・フラーは、1895年に米国のマサチューセッツ州で生まれました。

バックミンスター・フラーは、建築家、作家、思想家、デザイナーなど多彩な肩書きで知られています。新しい言葉を作ったり、「Spaceship Earth(宇宙船地球号)」、「Dymaxion(ダイマクシオン)」、あまり知られていなかった「エフェメラル」、「シナジェティクス」、「テンセグリティ」という言葉を普及させ、30冊以上の本を出版しました。

バックミンスターは、珍しいミドルネームで、祖先の姓でした。様々な署名を試して、R.バックミンスターフラーと名前を書くようになったそうです。

フラーは若い頃の多くを、メーン州沖のペノブスコット湾にあるベア島で過ごしました。彼はしばしば森で見つけた材料から彼自身の道具を作りました。また、小型ボートの新しい装置の設計を試みました。なんと12歳に手漕ぎボートを推進する「プッシュプル」システムを発明したそうです。

数年後、彼はこの種の経験が、デザイン、プロジェクトが必要とする材料、知識の獲得方法に重要な習慣も与えたと指摘しています。フラーは機械工の資格を取得し、プレスブレーキ、ストレッチプレス、および板金で使用される機器の使用方法を知っていました。

フラーはマサチューセッツ州のミルトンアカデミーに通い、その後ハーバード大学で学びます。フラーはハーバードから2度退学しています。

フラーはカナダで繊維工場の整備士として働き、後に食肉包装業界の労働者として働きました。また、第一次世界大戦中の米海軍で、船上無線通信士、出版編集者、レスキューボートUSSの司令官を務めました。

除隊後、食肉包装業界で再び働き、経営経験を積みます。 1917年に結婚し1920年代初頭にフラーと義父は、軽量、耐候性、耐火性の住宅を製造するための会社を作ります。

彼の娘のアレクサンドラは、1922年にポリオと脊髄性髄膜炎の合併症で亡くなりました。4歳の誕生日の直前でした。フラーは娘の死を、湿った状況の生活条件に関係しているのではないかと疑ったそうです。これが、手頃な価格で効率的な住宅を提供することを目的とした会社の設立に影響しました。

しかし1927年に破綻してしまいます。バックミンスターフラーは、1927年が彼の人生にとって極めて重要な年としています。32歳で、フラーは職を失い貯蓄もなく、また娘のアレグラが誕生したことで経済的課題もありました。フラーはひどく飲んで、ミシガン湖で自殺を考えました。家族が生命保険の支払いを受けることができるようにしたそうです。

その時フラーは、彼の人生の方向性と目的を変える神秘的な体験をしたと言っています。それが彼のこれからの人生を大きく変えました。

フラーは、この経験が「一人の個人が世界を変え、すべての人類に利益をもたらすことに貢献できるものを見つけるための実験」に着手する要因となったそうです。

後年には多くの公演で聴衆に対して、フラーはミシガン湖での経験と、それが彼の人生にもたらした変革の影響について語っています。

歴史家は、フラーの神秘体験を、フラー自身のキャリア形成期を要約するために人生の後半に構築した神話である可能性があること言っていますが、真実はわかりません。

1927年、フラーは独立することを決意しました。

1928年に、フラーはグリニッチビレッジに住み、人気のカフェ・ロマニー・マリーズで多くの時間を過ごしました。フラーは食事と引き換えにカフェの内部を飾る仕事を引き受け、そこで週に数回非公式の講義を行いました。

ここに、ダイマクション・ハウスの模型が展示されます。イサム・ノグチとは1929年に知り合います。

芸術家・デザイナー イサム・ノグチを知ろう! イサム・ノグチ庭園美術館など

マリーの旧友であったコンスタンティン・ブランクーシがイサムを導き、ノグチとフラーはすぐにダイマクションカーのモデリングを含むいくつかのプロジェクトで協力しました。それは彼らの生涯にわたる友情の始まりでした。

フラーは、1948年と1949年の夏にノースカロライナ州のブラックマウンテン・カレッジで教鞭をとり、1949年にサマー・インスティテュートの所長を務めました。

フラーはとても恥ずかしがり屋でしたが、ブラックマウンテンでも教鞭をとっていたジョン・ケージがプロデュースした「メデューサの罠(Le Piege de Meduse)」(1914年)のリハーサル中、当時ブラックマウンテンの学生だったアーサーペンの指導の下にフラーは自分自身を開放してパフォーマーとスピーカーとしての自信をつけたそうです。

ブラックマウンテンでは、教授と学生のグループの支援を受けて、フラーのもっとも有名なプロジェクト「ジオデジック・ドーム」の発明を始めました。ジオデシック・ドームは、1925年6月19日にヴァルター・バウアーズ・フェルド博士によって作成、建設され、ドイツで特許を取得しましたが、フラーは米国特許を取得しました。

フラーは、この自立型ドームが彼の特許出願の約26年前にすでに建設されていたことを引用することを怠りました。フラーは間違いなくジオデシック構造を普及させましたが、その意味で、フラーはその設計の功績には誤りがあります。

初期のモデルの1つは、1945年にバーモント州のベニントン大学で最初に建設されました。フラーが実用的に自重を支えることができるジオデシック・ドームの建物を建てたのは1949年です。それは直径4.3メートル(14フィート)で、アルミニウムの航空機用チューブと二十面体の形をしたビニールプラスチックの外板で構成されていました。

米国政府はこの作業の重要性を認識し、ノースカロライナ州ローリーに海兵隊用の小さなドームを作成しました。数年以内に、世界中にこうしたドームが何千も作られました。

フラーの最初の「連続張力-不連続圧縮」の全球ジオデシックドームは、1959年にオレゴン大学で学生の助けを借りて建設されました。これらの連続引張–不連続圧縮構造は、引張部材によって吊り下げられた単一の力の圧縮部材(たわみや曲げモーメントがない)を特徴としていました。

国際的な認知は、巨大な測地線ドームの成功から始まりました。フラーは1949年に、ノースカロライナ州立大学で講義を行い、そこで彼は親友であり同僚となるジェームズ・フィッツギボンに会いました。

フィッツギボンはジオデシック・ドームのライセンシーの会社のディレクターでした。また、トーマス・ハワードは、リードデザイナー、アーキテクト、エンジニアでした。

また、ノースカロライナ州立大学のリチャード・レウォンティンは、ドームの長さのコンピューター計算をフラーに提供しました。

フラーは、1964年にモントリオール万国博覧会で米国パビリオンの大きなジオデシックドームを設計します。この建物は現在「モントリオール・バイオスフィア」です。

フラーは、実用的で安価な避難所と輸送に関して、多くのアイデア、設計を行っています。フラーは、相続した資金で実験のいくつかに資金を提供し、また協力者によって投資された資金も使用しています。最初の重要な例は、ダイマクションカープロジェクトです。

その後、バックミンスター・フラーは、建築家、デザイナー、科学者、作家として活動し、世界中で何年にもわたって講義を続けました。

大学名誉教授として引退するまで、フラーはサザンイリノイ大学エドワーズビル、ペンシルベニア大学、ブリンマー・カレッジ、ハーバーフォード・カレッジ、スワースモア・カレッジ、ユニバーシティ・シティサイエンスセンターなど、フィラデルフィア地域の機関で共同フェローシップを開催しました。この提携の結果、ペンシルベニア大学は1975年にフラーを名誉教授に任命しました。

1976年、フラーは、人間居住に関する最初の国連フォーラムである「国連ハビタットI」の主要な参加者でした。

フラーは、1960年にフランクリン研究所からフランクP.ブラウンメダルを授与され、1968年にアメリカ芸術科学アカデミーのフェローに選出されました。

1970年にアメリカ建築家協会からゴールド・メダル賞を授与され、1976年にセントルイス大学図書館アソシエイツからセントルイス文学賞を受賞しました。1983年にロナルド・レーガン大統領から大統領自由勲章を授与されます。

フラーは、1983年に88歳で亡くなりました。

2.建築家 バックミンスター・フラー代表作 紹介

1928 ダイマクシオン・ハウス

フラーは、エネルギー効率が高く安価なダイマクションハウスの作成を行いました。ここで、「ダイマクション」という用語は、「根本的に強くて軽いテンセグリティ構造」を意味しています。

製造されたプロトタイプは2つだけでした。フラーのダイマクション・ハウスの1つは、ミシガン州ディアボーンにあるヘンリーフォード博物館に常設展示されています。

建築家 バックミンスター・フラー ダイマクシオン・ハウス
wikipedia

1940年代半ばに設計されたプロトタイプは、「ベル」のような形をした丸い構造です(ドームではないです)。

回転式ドレッサーや、水の消費量を減らすミストシャワーなど、いくつかの革新的な機能を備えています。家の上部にある円形の構造は、中央のマストの周りを回転して、冷却と空気循環に自然風を使用するように設計されています。

建築家 バックミンスター・フラー ダイマクシオン・ハウス
wikipedia

この家は、軽量で、風の強い気候に適応し、安価に製造でき、組み立ても簡単になるように設計されました。

軽量で携帯性を重視し、ダイマクション・ハウスは簡単な移動のオプションを望んでいる個人や家族にとって理想的な住宅となることを目的としていました。

ダイマクション・ハウスは第二次世界大戦の航空機を生産した技術を使用しています。金属製で、磨かれたアルミニウムで覆われ、基本モデルは約90 平米の床面積がありました。

戦後初期には多くの注文がありましたが、フラーが設立した会社は経営上の問題で失敗しました。

1940s ジオデシック・ドーム

上記したようにフラーは、ジオデシック・ドームの設計者として有名ですが、ヴァルター・バウアーズフェルドによるプラネタリウム設計は、フラーの約28年前に建設されており、フラーのジオデシック・ドーム特許の一部がバウアーズフェルドのものと同じ設計であることが明らかになりました。

建築家 バックミンスター・フラー 
 1940s ジオデシック・ドーム
wikipedia

ジオデシック・ドームの構造は、いくつかの基本原理を拡張して、単純な「テンセグリティ」構造(四面体、八面体、および球の最も近いパッキング)を構築し、軽量で安定させることに基づいています。

ジオデシック・ドームは、設計ソリューションを見つけるためにフラーが自然の構築原理を調査した結果でした。

これまで、軍事レーダーステーション、市民の建物、環境抗議キャンプ、展示アトラクションとして多く使用されています。

3.建築家 バックミンスター・フラーの書籍 紹介

宇宙船地球号操縦マニュアル (ちくま学芸文庫)

バックミンスター・フラーの記念碑的な著作で、今でも色褪ないどころか、きっと今こそ読まなければならない一冊だと思います。

建築の射程の広さを感じる一冊です。

20世紀を代表する技術家、バックミンスター・フラ-が遺した記念碑的著作の新訳。地球を一つの宇宙船と捉える彼の刺激的な発想は、人類が直面している全地球的問題の解決に示唆をあたえ、またエコロジー・ムーヴメントやインターネット的思考を生むきっかけにもなった。「現代のレオナルド・ダ・ヴィンチ」(マーシャル・マクルーハン)といわれているフラーのメッセージは、私たちに発想の大転換を迫り、新たな思考回路の形成を強く促す。

Amazonより

4.まとめ

建築家 バックミンスター・フラーは、近代建築を代表する建築家のひとりです。バックミンスター・フラーは、建築だけでなく、思想でもあり、構造的なジオデシック・ドーム、また宇宙船地球号に見られるような思想家でもあります。こうしたオリジナルな方向性は、本当に興味があるし、面白いですね。イサム・ノグチと親友同士であったのもとても気になります。詳しく調べてみようと思います。

注意説明 公共建築以外の場所の特定は行っていません。個人の所有物である住宅は、場所の特定をしないように配慮しております。ご了承くださいませ。

気になる建築家・デザイナーはいつ生まれたのだろう?誕生年からみる歴史

直近30日間の人気記事トップ10件

  1. Googleフォームの回答受付と閉鎖を時間指定する方法を知ろ... 645件のビュー | 2020/08/05 に投稿された
  2. 建築設計や大工の専門用語を英語でいうとどうなる?建築設計用語... 224件のビュー | 2019/10/28 に投稿された
  3. 建築家 菊竹清訓を知ろう! スカイハウス/メタボリズム(全作... 112件のビュー | 2020/02/10 に投稿された
  4. 建築家 吉村順三を知ろう! 軽井沢の山荘/俵屋など... 105件のビュー | 2020/04/24 に投稿された
  5. 建築家 増沢洵を知ろう! 最小限住居/コアのあるH氏のすまい... 57件のビュー | 2020/06/06 に投稿された
  6. 建築家 ミース・ファン・デル・ローエを知ろう! ファンズワー... 50件のビュー | 2020/06/06 に投稿された
  7. 建築家 ジョサイア・コンドルを知ろう! 鹿鳴館/三菱一号館な... 49件のビュー | 2020/06/21 に投稿された
  8. 建築家 丹下健三を知ろう! 世界のTANGE(全作品リストあ... 48件のビュー | 2020/02/21 に投稿された
  9. 建築家 谷口吉生を知ろう! ニューヨーク近代美術館新館など... 47件のビュー | 2020/05/25 に投稿された
  10. 建築家 アントニン レーモンドを知ろう! 自邸/夏の家/ピア... 45件のビュー | 2019/12/16 に投稿された

こんな記事も読まれています

シェアしてくれるとうれしいです!