おすすめ記事「中古マンション購入完全ガイド」連載中です!

建築家 池田武邦を知ろう!  霞が関ビル/京王プラザホテルなど

建築家 池田武邦は、高知県出身の建築家です。霞ヶ関ビルや京王プラザホテルなどの高層ビルの設計が有名です。

本記事の内容

本記事では、建築家 池田武邦の略歴、代表作、書籍を紹介したいと思います。建築家 池田武邦は、日本の戦後を代表する建築家です。池田武邦は高層ビルの設計者としても有名ですが、組織設計事務所の設立に関わり、会社組織として大きな建築プロジェクトに関わってきました。現在も日本設計は日本を代表する大規模な組織設計事務所です。こうした組織設計事務所の創設者としての側面も、もっと知ってみたいですね。

気になる建築家・デザイナーはいつ生まれたのだろう?誕生年からみる歴史

目次

  1. 建築家 池田武邦の略歴
  2. 建築家 池田武邦の代表作 紹介
    • 1968 霞が関ビル
    • 1971 京王プラザホテル
    • 1974 新宿三井ビル
  3. 建築家 池田武邦の書籍 紹介
  4. まとめ

1.建築家 池田武邦の略歴

建築家 池田武邦は、1924年に高知県で生まれました。日本の高層建築の黎明期に多くの重要な建築に関わります。

太平洋戦争の最中、1943年に海軍兵学校を卒業して大日本帝国海軍に着任します。 1945年に大和以下駆逐艦8隻と沖縄へと出撃しています。終戦後、1949年の25歳の時に東京大学第一工学部建築学科を卒業し、山下寿郎建築設計事務所に入所します。ここで日本初の高層ビルである霞が関ビルに関わったことが池田武邦の大きな転機となります。

1967年に43歳で日本設計事務所の設立に参加し取締役となります。その後は、京王プラザホテル、新宿三井ビル東京ベイヒルトン・インターナショナル、筑波研究学園都市、東京都立大学など多くの大規模設計に関わります。

ほかにも組織設計事務所で有名な建築家としては、林昌二がいます。林昌二は1928年生まれなのでほぼ同世代ですね。

建築家 林昌二を知ろう!三愛ドリームセンター/パレスサイドビルなど

1976年からは日本設計の代表取締役社長を務めます。またハウステンボスの設立に関わりハウステンボスの経営にも関わります。

2.建築家 池田武邦代表作 紹介

1968 霞が関ビル(山下寿郎設計事務所)

霞が関ビルディングは、東京都千代田区霞が関にある日本初の超高層ビルです。

設計は山下寿郎設計事務所で、池田武邦も建築家として関わります。霞が関ビルディングは敷地内には緑地を有しており、展望台、郵便局、診療所などの複合的な機能を持つ高層ビルの初期のものです。

プランは、中央にエレベーターがあり、その周囲のフロアには基本的に柱がない構造を採用し、各フロアを自由に利用できるフリープランが特徴的です。

現在も現役で使われています。

1968 霞が関ビル 建築家 池田武邦

1971 京王プラザホテル

京王プラザホテルは「新宿副都心建設計画」によって、淀橋浄水場跡地に建設されました。竣工は1971年です。

新宿の超高層ビル群の中で最も最初に建設されました。以下の写真を見ると、当時の様子がわかります。建設当時は世界一の高さを誇る超高層ホテルでした。

1971 京王プラザホテル 建築家 池田武邦

メインエントランスは3階であり、新宿駅西口地下広場への通路へは2階で接続しています。3階のメインエントランスは剣持勇デザイン研究所と共同であり、ラグジュアリーさとデザイン性が共存するホテルといえます。

1974 新宿三井ビル

上述した「新宿副都心建設計画」に基づき、京王プラザホテルと同様に淀橋浄水場跡地に新宿三井ビルが建設されました。1974年竣工です。

三井不動産は、日本における超高層建築として霞が関ビルを建設しており、その新規性の高い都市開発手法を間近で体験したことから、この新宿駅西口の新都心開発にも参画することにしたそうです。

黒を基本カラーとしたガラス張りのビルであり、建築当初は日本で最も高い高層ビルでした。黒のラインが目立つ大人びた凛々しい外観が特徴です。

また、新宿三井ビル側面にあるX形の鉄骨も意匠と機能と兼ね備えています。この鉄骨は耐震のための筋交いであり、機械室の扉の押さえとしての機能もあります。4 – 5階分に相当する巨大な機械室の扉を開くことで、空調機械の交換を容易にしています。

京王プラザホテルと同様の避難計画も特徴的です。それは、非常階段を一部外部におくことで、火災時の煙が非常階段に充満しないようにしています。こうした最新の設計技法が新宿三井ビルには駆使されています。

1974 新宿三井ビル 建築家 池田武邦

3.建築家 池田武邦の書籍 紹介

建築家の畏敬―池田武邦近代技術文明を問う

海軍士官、マリアナ沖海戦、レイテ沖海戦、沖縄海上特攻作戦に参加の戦争体験、日本初の超高層ビルの設計参加など、多くの人生体験が建築設計に生かされているのを感じます。

壮絶な戦争体験を経て、生かされてあるものの使命としての超高層技術革新、そして絶対的な近代科学技術信仰への懐疑。3・11以降を生きるすべての人に、池田武邦から、未来への伝言。

Amazonより

4.まとめ

建築家 池田武邦は、日本の戦後を代表する建築家です。最初の高層ビルである霞ヶ関ビルの設計に参加したのが、その後の建築設計の方向性に大きな影響を与えています。こうしてみると、どこの設計事務所で学ぶかはとても重要ですね。

注意説明 公共建築以外の場所の特定は行っていません。個人の所有物である住宅は、場所の特定をしないように配慮しております。ご了承くださいませ。

気になる建築家・デザイナーはいつ生まれたのだろう?誕生年からみる歴史

こんな記事も読まれています

シェアしてくれるとうれしいです!