「中古マンション購入完全ガイド」連載中!

建築家 チャールズ&レイ・イームズを知ろう! イームズ邸など

建築家 チャールズ&レイ・イームズは、米国のミズーリ州出身の建築家です。ロサンゼルスにある自邸であるケーススタディ・ハウスNo.8は有名です。

本記事の内容

本記事では、建築家チャールズ&レイ・イームズの略歴、代表作、書籍を紹介したいと思います。建築家チャールズ&レイ・イームズは、米国のミッドセンチュリーを代表する建築家であり家具デザイナーです。そのデザインの斬新さは、今も全く色褪せていません。特に、ラウンジチェア&オットマンは座り心地抜群で、欲しくなりますね!

目次

  1. 建築家 チャールズ&レイ・イームズの略歴
  2. 建築家 チャールズ&レイ・イームズの作品
    • 1945 プライウッドチェア
    • 1949 イームズ邸(ケース・スタディ・ハウスNo.8)
    • 1956 ラウンジチェア&オットマン
  3. 建築家 チャールズ&レイ・イームズ 紹介
  4. まとめ

1.建築家 チャールズ&レイ・イームズの略歴

建築家チャールズ・イームズは、1907年に米国のミズーリ州セントルイスで生まれました。チャールズ・イームズは、1925年からセントルイス・ワシントン大学建築学科へ通い、建築を学びます。しかし、その後退学します。1930年にセント・ルイスで建築設計事務所を開設しましたが、世界恐慌後で仕事はかなり限られていたそうです。当時設計した聖メリーズ教会がきっかけで、エリエル・サーリネンとの交流が始まります。

1936年にイームズはミシガンへ引っ越し、1940年にイームズは、エリエル・サーリネンの息子であるエーロ・サーリネンとニューヨーク近代美術館開催の「家具デザイン」コンペに応募します。1941年レイ・カイザーと再婚しロサンゼルスへ移ります。

1942年からは「アーツ&アーキテクチャー(arts & architecture)」の編集に加わり、1949年には自分自身がその企画であるケース・スタディ・ハウスに参加して、自邸であるケース・スタディ・ハウスNo.8を作ります。イームズ邸は鉄骨から内装材まで既製品によって構成されており、新しい時代の建築として注目されました。

チャールズ・イームズは、1978年に71歳で逝去します。10年後、レイ・イームズは1988年に逝去しました。

2.建築家 チャールズ&レイ・イームズ代表作 紹介

1945 プライウッドチェア

1940年代初頭より、チャールズとレイ・イームズは、熱と圧力を加えてプライウッドを成型する技術を研究します。このプライウッドチェアは1945年発表されたラウンジチェアです。ハーマン・ミラー社は、1994年に復元して販売しています。人間の体を優しく包み込む極上の座り心地です。

1949 イームズ邸(ケース・スタディ・ハウスNo.8)

イームズハウスはケーススタディハウス8としても知られています。1949年にチャールズ&レイ・イームズによって設計され竣工しました。自宅と設計スタジオを兼ねています。

アーツ&アーキテクチャ誌が建築家に住宅設計を依頼するケーススタディ・プログラムの一環として委託されたため、ケーススタディハウス8とも呼ばれます。チャールズ&レイ・イームズは1949年に引っ越して、生涯をここで過ごしました。チャールズの娘のルシア・イームズはイームズ財団を設立し、現在はイームズ財団によって維持されています。

1956 ラウンジチェア&オットマン

チャールズ&レイ・イームズが1956年に発表した「ラウンジチェア&オットマン」です。プライウッドとレザーを組み合わせたラウンジチェアは、今でも斬新なデザインです。

クッションは一つ一つレザー張りされていて、金属部分が見えないように固定している点も、デザイン的に美しいです。座面はすこし傾斜しており体重の重みを背もたれに分散させる構造です。

3.建築家 チャールズ&レイ・イームズの書籍 紹介

Charles & Ray Eames: 1907-1978, 1912-1988: Pioneers of Mid-century Modernism (Basic Art)

イームズの作品がほとんど網羅されています。写真も解説も充実しているので、入門書として最適です!!

The creative duo Charles Eames (1907–1978) and Ray Kaiser Eames (1912–1988) transformed the visual character of America. Though best known for their furniture, the husband and wife team were also forerunners in architecture, textile design, photography, and film. The Eameses’ work defined a new, multifunctional modernity, exemplary for its integration of craft and design, as well as for the use of modern materials, notably plywood and plastics. The Eames Lounge Chair Wood, designed with molded plywood technology, became a defining furniture piece of the 20th century, while the couple’s contribution to the Case Study Houses project not only made inventive use of industrial materials but also developed an adaptable floor plan of multipurpose spaces which would become a hallmark of postwar modern architecture. From the couple’s earliest furniture experiments to their seminal short film Powers of Ten, this book covers all the aspects of the illustrious Eames repertoire and its revolutionary impact on middle-class American living.

Amazonより
  • ハードカバー: 96ページ
  • 出版社: Taschen America Llc (2015/7/21)
  • 言語: 英語
  • ISBN-10: 3836560216
  • ISBN-13: 978-3836560214
  • 発売日: 2015/7/21

4.まとめ


建築家チャールズ&レイ・イームズは、米国のミッドセンチュリーを代表する建築家です。自邸では工業化住宅の新しい形を提案し、とても評判になりました。デザイン性の高さと、コストの削減を実現したことが注目を集めた理由です。今見てもチャレンジングです。

注意説明 公共建築以外の場所の特定は行っていません。個人の所有物である住宅は、場所の特定をしないように配慮しております。ご了承くださいませ。

こんな記事も読まれています

シェアしてくれるとうれしいです!