おすすめ記事「中古マンション購入完全ガイド」連載中です!

建築家 リチャード・ノイトラを知ろう! ロヴェル邸(健康住宅)など

建築家 リチャード・ノイトラ

建築家 リチャード・ノイトラは、オーストリア出身で、米国の西海岸で活躍した建築家です。ルドルフ・シンドラーとは友人同士でした。インターナショナル・スタイルの建築で有名です。

本記事の内容

本記事では、建築家リチャード・ノイトラの略歴、代表作、書籍を紹介したいと思います。建築家リチャード・ノイトラは、ルドルフ・シンドラーと同様にかなり早い時期からモダニズムの建築をアメリカの西海岸で作ってきた建築家です。インターナショナル・スタイルの基本的な考え方が、アメリカの気候、都市、生活などのうまくマッチしたのだと思います。今見ても全く古く感じないのがすごいです!

目次

  1. 建築家 リチャード・ノイトラの略歴
  2. 建築家 リチャード・ノイトラの作品
    • 1927 ロヴェル邸(健康住宅)
    • 1937 ミラー邸
    • 1946 カウフマン邸(砂漠の家)
  3. 建築家 リチャード・ノイトラの書籍 紹介
  4. まとめ

1.建築家 リチャード・ノイトラの略歴

建築家リチャード・ノイトラは、1892年にオーストリアのウィーンで生まれました。裕福なユダヤ人の家庭で育ちました。ノイトラは、ウィーン工科大学(1910-18)を卒業し、またアドルフ・ロースの私立建築学校にも出席していました。ここで、ルドルフ・シンドラーとも出会いました。

第一次世界大戦後、リチャード・ノイトラはスイスに行き造園家のグスタフアマンと一緒に働きました。 1921年にはドイツのベルリンでエーリヒ・メンデルゾーンの事務所に加わりました。

ノイトラは1923年に米国に移住し、1929年に帰化して正式なアメリカ国民になりました。ニュートラはフランク・ロイド・ライト事務所で一時的に働いた後、親友であり大学の仲間であったルドルフ・シンドラーとカリフォルニアへ行き、シンドラー自邸であるキングスロードハウスで共同生活しました。

ノイトラはロサンゼルスでは、初期にランドスケープアーキテクチャの設計を行いました。その後、彼らはキャロル・アロノビッチと一緒に建築グループ(AGIC)を設立し、独自の手法でインターナショナルスタイルを取り入れた数多くの建物を設計しました。

ロヴェル・ヘルスハウスは初期の作品としてとても有名です。その後のクライアントには、エドガー・カウフマンもいました。また、1932年には住宅不足の支援のため、簡単に建設できる労働者住宅の設計を行いました。

1932年にノイトラは、フィリップ・ジョンソンとヘンリー・ラッセル・ヒッチコックが企画した近代建築に関する画期的な展示会に参加しました。 その後、ノイトラはより規模の大きな建築を設計する機会に恵まれます。1955年にアメリカ合衆国はカラチに新しいアメリカ大使館を依頼しました。この他にも、アテネにウォルター・グロピウス、ニューデリーにはエドワード・ダレルストーン、ハーグにはマルセル・ブロイヤー、バグダッドにはジョセップル・イスサート、ロンドンにはエーロ・サーリネンなど著名な建築家へ多く依頼されています。

晩年の1960年から1970年の間にも、多くの建築を残しています。1970年に78歳で逝去します。

2.建築家 リチャード・ノイトラ代表作 紹介

1927 ローヴェル邸(健康住宅)

ローヴェル邸は1927年に竣工です。インターナショナルスタイルのモダニズム住居であり、リチャード・ノイトラの初期の代表作です。カリフォルニア州ロサンゼルスにある家は、ローヴェルという医師兼、自然療法医のために建てられました。

この建築は、ノイトラのキャリアのターニングポイントでした。これは、米国で最初の吹き付けコンクリートと利用した鉄骨造家屋として説明されています。ノイトラは、シカゴのHolabird&Rocheと仕事をしていたときに、この鉄骨構造に精通したそうです。

家はインターナショナルスタイルの原則に従っています。本質的には、工業生産の材料を使用した住宅建築、インテリアは、透明性、衛生性に対するノイトラの強い関心を反映しています。窓サッシュの繰り返し使用も特徴的です。ノイトラは、メインの階段吹き抜けにフォードのモデルAヘッドライトを設置しており、これも工業製品の材料への関心を示しています。

ローヴェルは、1926年に建築家ルドルフ・シンドラーにローヴェル・ビーチハウスの設計を依頼しています。ルドルフ・シンドラーもリチャード・ノイトラも同じクライアントを持っているのが面白いですね。どんな関係性だったのか知りたくなりますね。ローヴェル邸は、1971年にロサンゼルスの登録歴史建築に追加されました。

ローヴェル邸 建築家 リチャード・ノイトラ
ローヴェル邸 建築家 リチャード・ノイトラ
ローヴェル邸 建築家 リチャード・ノイトラ

1937 ミラー邸

建築家リチャード・ノイトラは、グレース・ルイス・ミラーの依頼を受けて小さな冬の家を設計しました。カリフォルニアの砂漠の景観と健康志向のクライアントを組み合わせることで、開放的で光に満ちた家をを作り上げています。

ミラー邸 建築家 リチャード・ノイトラ
ミラー邸 建築家 リチャード・ノイトラ
ミラー邸 建築家 リチャード・ノイトラ
ミラー邸 建築家 リチャード・ノイトラ
ミラー邸 建築家 リチャード・ノイトラ
注意説明 公共建築以外の場所の特定は行っていません。個人の所有物である住宅は、場所の特定をしないように配慮しております。ご了承くださいませ。

1946 カウフマン邸(砂漠の家)

カウフマンと聞いて、「あれ?」と思った人は建築通です。カウフマンは、このリチャード・ノイトラから遡ること10年前に、フランク・ロイド・ライトに落水荘を依頼しています。同じ人物です。建築家にとってはパトロンであり、日本で言えば普請道楽ということになりますね。

カウフマン・ハウス(カウフマン・デザート・ハウス)は、カリフォルニア州パームスプリングスにあります。1946年に竣工です。リチャード・ノイトラによる米国の最後の大きな住宅建築と言えます。ノイトラにとっても最も重要で、建築的にも注目に値する有名な住宅と言えます。この住宅は、まだ居住者がいるため、見に行くことはできません。

5ベッドルーム、5バスルームの別荘であり、砂漠の景観とのつながりを強調しつつも、厳しい気候条件から逃れるために工夫がされています。主要な部屋は、砂嵐や激しい熱から守るため、可動式の垂直壁によって囲まれています。ほぼ正方形のリビングとダイニングを組み合わせたスペースが家の中央にあり、家は大きく東西軸に伸びています。

1955年にカウフマンが亡くなった後は、家は数年間不在でした。その後、何人かの所有者を経て、新しい所有者によって現在も住まわれています。

カウフマン邸 建築家 リチャード・ノイトラ
カウフマン邸 建築家 リチャード・ノイトラ
カウフマン邸 建築家 リチャード・ノイトラ
カウフマン邸 建築家 リチャード・ノイトラ
注意説明 公共建築以外の場所の特定は行っていません。個人の所有物である住宅は、場所の特定をしないように配慮しております。ご了承くださいませ。

3.建築家 リチャード・ノイトラの書籍 紹介

Neutra: Complete Works (Taschen 25)

ノイトラの作品のすべてが網羅されています。まずは、これを見てノイトラの建築を知りましょう!

もともとウィーン出身のリチャード・ノイトラは、キャリアの早い段階でアメリカに渡り、カリフォルニアに定住しました。 日当たりの良い気候と豊かな風景は、ノイトラの洗練されたモダンなスタイルに特に適しています。

ノイトラは、人と自然との関係に強い感謝を抱いていました。 彼のトレードマークであるガラスの壁と天井は深い張り出しになっており、屋内と屋外をつなぐ効果があります。 テクノロジー、美学、科学、自然を彼のデザインに組み込むノイトラの能力は、彼をモダニズム建築の最前線に導きました。 この本では、ノイトラのすべての作品(約300の個人の家、学校、公共の建物)が網羅されています。

Amazonより
Neutra: Complete Works (Taschen 25) 建築家 リチャード・ノイトラ
  • 単行本(ソフトカバー): 155ページ
  • 出版社: 東京書籍 (2014/12/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 448780096X
  • ISBN-13: 978-4487800964
  • 発売日: 2014/12/8
Neutra: Complete Works (Taschen 25) 建築家 リチャード・ノイトラ
Neutra: Complete Works (Taschen 25) 建築家 リチャード・ノイトラ
Neutra: Complete Works (Taschen 25) 建築家 リチャード・ノイトラ

4.まとめ


建築家リチャード・ノイトラは、米国の近代を代表する建築家です。建築家ルドルフ・シンドラーと同様にフランク・ロイド・ライトの事務所で働いた経験もあり、オーストリア出身で、西海岸で多くの住宅を設計しています。フランク・ロイド・ライト事務所出身の建築家はとても多いですね。日本でも、アントニン・レーモンドを経て、大きな影響があります。建築の流れや関係を見ると面白いですね。


注意説明 公共建築以外の場所の特定は行っていません。個人の所有物である住宅は、場所の特定をしないように配慮しております。ご了承くださいませ。

建築家 アントニン レーモンドの戦前・戦中時代の作品

建築家 菊竹清訓を知ろう! スカイハウス/メタボリズム(全作品リストあり)

建築家 ザハ ハディドを知ろう! Zaha Hadid アンビルドの女王

建築家 アントニン レーモンドを知ろう!その2 自邸/旧井上房一郎邸

建築家 アントニン レーモンドを知ろう! 自邸/夏の家/ピアノなど

建築家 オットー・ワーグナーを知ろう! 近代建築の黎明期を支えた建築家

ストックレー邸

建築家 ヨーゼフ・ホフマンを知ろう! 世紀末ウィーンの建築家

建築家 清家清を知ろう! 戦後の小住宅作家(全作品リストあり)

建築家 篠原一男を知ろう! 数学と建築の接点(全作品リストあり)

建築家 吉阪隆正を知ろう! コルビジェと有形学(全作品リストあり)

こんな記事も読まれています

シェアしてくれるとうれしいです!